2006年12月11日

《愛の流刑地?》政府税調の本間会長が都内の「官舎」で愛人と同居

政府税制調査会の本間正明会長が、都内の官舎に愛人と同居していることがわかった。

☆本間税調会長、愛人と官舎生活…税トップのモラルは?(夕刊フジ)

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121101.html

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1148.html

部屋は上層階の96平方メートルで、民間の相場で50万円はくだらないとされるが、本間氏はわずか7万7000円で借りているという。

(略) 

しかも、同居人の届けが出されているのは本間氏の本妻だというが、実際は、同誌の取材に愛人関係であることを認め、「奥さんとは離婚調停中。結婚しようと話し合っている」。

★北新地

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%B0%E5%9C%B0

バー、クラブ、スナック、小料理屋が中心であり、庶民性はほとんどなく、接待需要に支えられているといえる。高級感のある面では、東京の銀座とよく比較される。

★愛人と暮らすなら、自費でマンションを借りるべきであろうと思われる。



posted by はなゆー at 18:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

公をむさぼる奴ら
Excerpt: 夕刊フジ「本間正明・政府税制調査会会長が東京の官舎に愛人と住んでる!」 テレビの夕刊記事紹介コーナーで報じてましたよ。
Weblog: うさぎの小部屋
Tracked: 2006-12-11 19:45