2006年12月13日

〔メモ〕石原都知事が1960年代に南ベトナムで少女を買春か?

「某ホテルの受付の娘を、僕は、ヨットに乗せて、沖へ出て、セックスをやりながら、彼女に思いきり官能の叫びを、海原へひびかせてみたいのです」。


石原慎太郎都知事は著書「国家なる幻影」(1999年)





にて、ベトナム少女買春を告白。なお、この書は現在、文春文庫となっているが、買春の部分がカットされているかどうかは不明。

まあ、どちらにしろ法的には時効であるが。

☆セプテンバーバレンタイン(きっこの日記 2006年9月14日)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060914

だけど、どんな男性から、どんな下着をプレゼントされるよりも、絶対にガマンできない、最低最悪のケースがある。それは、「東京でオリンピックをやる」とか世迷言を抜かしてる、どっかのイカレタ東京都知事のケースだ。

この恥知らずの差別主義者は、アジア各国の女性を買いながら旅行してた若かりしころの厚顔無恥な自慢話が満載の「国家なる幻影/わが政治への反回想」(文芸春秋)っていうヘドが出るような悪書の中で、宿泊先で買春したベトナム人の女性に、自分のはいてた薄汚いパンツをプレゼントして悦に入っている異常さマンマンの記述があるのだ。

「(前略)それにしても素晴らしい人たちだったし、素晴らしい国だったと思う。

(中略)

それにそう、デルタ地帯のミトで泊まったシナ宿で伽してくれて、翌日の別れに彼女が気に入っていた私の男もののブリーフを記念にやったら抱きついてきた農家の娘も、彼等と食べたフランス以外のどこで口にした料理よりも美味だった、シナや台湾やホンコン以外のどこでよりも美味かった、サイゴンのフランス料理やシナ料理も、そしてその二つを合わせてソフィスティケイトされたベトナムの個性豊かなエスニック料理も何もかも――。

(中略)

小さくとも豊かで文化の水準高い国だっただけに、行きずりではあったが、あの優雅なアオザイに包まれた嫋嫋たる柳腰の娘を腕にするようなせつないほどの一期一会の感慨をあの国には抱いていたものだった。

(中略)

それは初めて自分が受け持った末期の患者を眺める医学生の心境のようなものだった。」

買春した女性のことを料理の味に喩えて「美味だった」とは、開いた口が塞がらないけど、サスガ、芥川賞作家だけのことはあって、「伽(とぎ)してくれて」なんて言葉を使ってる。この「伽」ってのは、売春宿などで、お客のセックスの相手をすることを意味する言葉で、今じゃ誰も使わない古語だ。

☆石原先生、あなたも買春組だったのですか。(2004年08月20日のQuo vadis, domine ?)

http://ch05859.kitaguni.tv/e71213.html

石原先生、あなたも買春組だったのですか。
「今日の一言」を早めに打っておきます(現在夜8時)。

石原は『国家なる幻影』(1999)p.20 の中で、1960年代に南ベトナムを訪れた際のことを書いています。

-------------------------

それにしても素晴らしい人たちだったし、素晴らしい国だったと思う。(中略)それにそう、デルタ地帯のミトで泊まったシナ宿で伽してくれて、翌日の別れに彼女が気に入っていた私の男もののブリーフを記念にやったら抱きついてきた農家の娘も、彼等と食べたフランス以外のどこで口にした料理よりも美味だった、シナや台湾やホンコン以外のどこでよりも美味かった、サイゴンのフランス料理やシナ料理も、そしてその二つを合わせてソフィスティケイトされたベトナムの個性豊かなエスニック料理も何もかも――。

(中略)

小さくとも豊かで文化の水準高い国だっただけに、行きずりではあったが、あの優雅なアオザイに包まれた嫋嫋たる柳腰の娘を腕にするようなせつないほどの一期一会の感慨をあの国には抱いていたものだった。

(中略)
それは初めて自分が受け持った末期の患者を眺める医学生の心境のようなものだった。

http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/ishihara/data/1999genei-p20.htm

----------------------------

なーんだ、あなたも東南アジアで買ってたんですか。

あなた最近の日本人は堕落しているとかなんとかおっしゃってますけどねえ、あなたもそのお仲間なのですよ。そう、カネをたてにしてアジアの貧しい女たちを買い漁る、汚らわしい日本人男性と同じ穴のムジナなのです。

ちなみにこの文章からは、独裁政権(アメリカの傀儡)の圧制に喘ぐ民衆の叫び声は全然聞こえてきません。何しに南ベトナムに行ったんだか。ああ、買いにいったんですよね。

● この記事へのコメント ●

貧しい女性を買うのは日本男児の「伝統」なので良いのかもしれません(大笑)。

以下、柴田錬三郎『柴錬ひとりごと』(中公文庫)



より引用します。

 石原慎太郎が、人気作家として売り出したまっ最中に、私に云ったことがある。

「僕は、これからの作家は、行動することによって、作品を書かねばならないと思います。某ホテルの受付の娘を、僕は、ヨットに乗せて、沖へ出て、セックスをやり乍ら、彼女に思いきり官能の叫びを、海原へひびかせてみたいのです」

 私は、阿呆らしくて、返辞をしなかった。(中略)そのくせ、かれは、ゴルフをやっている際、自分が何番ホール目かで、スコアを崩すと、パートナーに対する配慮などみじんも持たず、一人さっさと中止して、帰ってしまった。

(中略)

 代議士となった石原慎太郎の面相が、もはや文学者のものではなく、暴力的ないやしさをむき出しにしているのは、本性の正体を示している。こういう‘行動‘派に、権力を与えると、たちまち、「今太閤」とは別の意味で、自己顕示欲の権化となるのではあるまいか。

 かれなどに、首相の座を与えたならば、「足らず余らず子三人」の平和な社会をつくることなど、のぞむべくもないであろう。

(中略)

 滅ぶことを知らぬ者が、天下を取るから、その行動は、とどのつまり、すべてを破壊してしまうのである。

(1976年5月)

Posted by ゲスト at 2004年08月19日


posted by はなゆー at 11:24| ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
叩けば叩くほど、この人は汚物が出ます。
ウィキペディアなどを筆頭にさまざまな媒体でも彼の恥部がでておりますが、自分のブログでもその関連の記事を書いています。ぜひ、機会がありましたら、見てください
Posted by self0507 at 2006年12月14日 02:07
東京の無知な老害右翼を一掃すれば石原問題も無くなると思いますね。
大口叩いて選挙で勝てば結局何もせず、若者やオカマを批判して給料をタダ取りしてる石原のどこが良いのかを石原支持してる奴らは馬鹿でも分るように説明してほしい。
Posted by ジークハ at 2011年05月13日 00:37
自分は性行為や表現活動を愉しみ、若者の性行為や表現は弾圧。
老害ですね。

笑わせるのが、自分は三国人とか差別表現ばかり言いながら、「非実在青少年」とか定義付けして描かれたキャラクタの人権を守れとか言ってるところ。
石原は認知症か何かではないのか。


↓自民とアグネスの関係
ttp://www.news-postseven.com/archives/20110407_16830.html
野田聖子氏とアグネス・チャンをつなぐ日本ユニセフ人脈2011.04.07 07:00

東日本大震災の募金をめぐり、ネット上を中心に多数取り上げられた日本ユニセフ協会(日ユニ)は政界と密接な関係を持つ。
もともと、日ユニの活動を主導したのは、橋本龍太郎・元首相の母、橋本正氏(日ユニ元専務理事)だった。
「正さんが“募金がなかなか集まらない”と龍太郎氏に訴えたことがきっかけで、龍太郎氏は『ユニセフ議連』を設立した。日ユニに賛同する企業から献金を集めていたため、日ユニは“橋龍利権”と呼ばれた」(政界関係者)
だが、龍太郎氏と正氏をよく知る元秘書に聞くと「それは違う」と反論する。
「正さんが専務理事の時代は、日ユニの活動は慎ましいものだった。しかし、東郷(良尚・副会長)さんが入ってきてからビジネス化した。東郷さんが運転手付きの車を使っているのを知った龍太郎先生は、生前に“母がやりたかった活動と全然違うものになってしまった”と、一度ならず嘆いていた」
現在の議連会長は谷垣禎一・自民党総裁で、公明党の坂口力氏、民主党の小宮山洋子氏ら与野党の政治家が幹部に名を連ねる。前出の政界関係者がいう。
「政治家がユニセフ議連に参加するメリットは、まずはイメージアップ。また、日ユニには多くの大企業や新聞社が協賛しているから、票やカネを持つ企業との接点にもなる。
近年は特に野田聖子・元消費者相との関係が深い。野田氏が会長を務めるNPO法人の理事を東郷氏やアグネス・チャンが務めている。かつて岐阜県庁の裏金問題(2006年)で、一部が日ユニの献金に流れていたことが判明したが、これも岐阜県政に強い影響力を持つ野田氏とのつながりがあるのではないかと囁かれた」
裏金の件は推測の域を出ないが、野田氏のライフワークである「児童ポルノ規制」でアグネスが広告塔を務めることも、日ユニ人脈の深い関係をうかがわせる。
※週刊ポスト2011年4月15日号
Posted by 石原にアグネスを呼べ at 2011年05月14日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

私人「石原慎太郎」
Excerpt: 前回は国政時代の氏の動向について言及した 今回は私人としての氏について考察してみたい <小説家、画家としての石原慎太郎> まずは、イメージにはないだろうが、画家としての氏を取り上げる。四男も画家..
Weblog: 冥王星は小惑星なり
Tracked: 2006-12-14 02:09

『結婚十訓』国家が個に干渉した時代(石原都知事は支持しそうだ)
Excerpt: 自分の本音の性行動と他者に押し付ける倫理観は別物のような印象の人間として思い浮かべるのが、東京都知事・石原慎太郎。  私は彼を「女性の権利向上を忌々しく思い、腹の中では女は男の慰みもの、子を産む..
Weblog: うさぎの小部屋
Tracked: 2006-12-14 10:10