2006年12月20日

教育基本法を廃案にするチャンスがあったらしいとの説

☆民主党覚え書(アルバイシンの丘)

http://papillon99.exblog.jp/4089983

http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/122.html

実は,K君によれば,今回の改悪基本法案を時間切れ廃案に持ち込むチャンスがあったらしいのだ.ポイントは4日間の会期延長法案.この動議が出されたタイミングが遅すぎて,審議引き延ばしで時間稼ぎをやれば,夜の12時を過ぎた所で時間切れ,とすることができたらしい.

(略)

ところが,民主党は本気でやらなかった.方法はいろいろあった.問責決議案,不信任案等々,いろいろぶつけて,時間稼ぎの牛歩戦術を行い,長時間演説で訴えればよかったのだ.ひょっとしたら成功したかも知れないし,失敗したかも知れない.結果はどうなろうと仕方がないが,問題は姿勢である.”本気度”が試されたのであるが,全く本気ではないことがばれてしまった.

民主党も本音は基本法を改悪したい奴が多かったからだろう.今回成立すれば,責任を自公与党の全面的責任に負わせることができる.それで形ばかりの反対をして見せただけのことなのだろう.あいにくだったな,ちゃんと見抜くことができたよ.ここで断固反対の姿勢を貫けば次の選挙で反自公票を結集できたのに,これではダメ.

(略)

民主党よ!覚えておれ!あんた達も同罪だ.

《おまけ》

☆教育基本法 野党の国会対策がおかしい謎が解けた!(関組長の東京・永田町ロビー活動日記)

http://sekigumi.ti-da.net/e1202796.html

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1253.html

フィリバスター(=長時間演説して議事妨害する国会対策戦術)のネタとして考案中の、

★ 中曽根/参議院/教育基本法に関する特別委員長解任決議案
★ 伊吹/文部科学大臣問責決議案(参議院本会議へ提出)
★ 伊吹/文部科学大臣不信任決議案(衆議院本会議へ提出)
★ 麻生/外務大臣問責決議案(参議院本会議へ提出)
★ 麻生/外務大臣不信任決議案(衆議院本会議へ提出)
★ その他いろいろ

この国会対策戦術のメモ付きのビラを小沢一郎代表には渡しておいた。


☆おい!出せよ!(関組長の東京・永田町ロビー活動日記)

http://sekigumi.ti-da.net/e1212979.html

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1432.html

内閣不信任決議案なんか提出するから以下の決議案ができなくなっただろう!

アクセントをつけなきゃ〜

政治的センスを疑うなあ〜

=衆議院=

□ 農林水産大臣不信任決議案
□ 防衛庁長官不信任決議案
□ 外務大臣不信任決議案
□ 文部科学大臣不信任決議案

=参議院=

□ 教育基本法に関する特別委員長解任決議案
□ 農林水産大臣問責決議案
□ 防衛庁長官問責決議案
□ 外務大臣問責決議案

□ 文部科学大臣問責決議案←これはやったのね。

あべこべ内閣もあべこべだし、与党も与党だが、野党も野党だ(苦笑)
あべこべ内閣を批判するより野党第一党である民主党を糾弾すべきだと思う。

☆センスの問題じゃない。参院民主党は改悪教基法を通すつもりでいたと思うよ。だから簡単に済むようにしたんだよ。

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1437.html

投稿者 gataro 日時 2006 年 12 月 17 日

>内閣不信任決議案なんか提出するから以下の決議案ができなくなっただろう!
>アクセントをつけなきゃ〜
>政治的センスを疑うなあ〜

民主党の(改悪教基法)対案は小生の目から見ると、自民党の改悪案のコピーみたいなものだからね。他の野党が議席数の多少を越えて、よく民主党を国会終盤まで付き合わせたものだ、と言うのが正しいと思うんだけど。

デル株式会社
posted by はなゆー at 09:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック