2006年12月27日

統一教会人事:文鮮明教祖の四男が日本総責任者として着任

☆統一教会に激震の予感あり(有田芳生の酔醒漫録)

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2006/12/post_0989.html

http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/601.html

その統一教会が2007年から大変なことになりそうだ。文鮮明教祖の四男である国進(クッチン)が日本の責任者として乗り込んでくることが内定したからだ。

(略)

問題は国進が大学で経営学を学んでいたため、日本統一教会からの献金で企業買収や資産運用などを行おうとしていることだ。

(略)

2007年は文鮮明教祖を入国させるべく、国会議員への働きかけが強化されるようだ。

★資金力のある統一教会が、日本国内で企業買収や資産運用などを行うことに本腰を入れれば、その影響は大きい。



【開運】招財進宝キーホルダー
ラベル:統一教会 文鮮明
posted by はなゆー at 15:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック