2007年01月25日

【重要】田村水落設計が構造計算した京都のアパホテル2件が偽装

「きっこの日記」がロックオンしている長勢甚遠・法務大臣の動向および存在にも今後は注目が集まりそうだ。そして「大堀幸男」氏も…。

          ↓

国土交通省は、京都市内の「アパヴィラホテル京都駅前」「アパホテル京都駅堀川通」で構造計算書の偽造と耐震強度不足が確認されたと発表した。棟は富山市の「田村水落設計」が構造計算を担当し、柱断面の計算結果などを改ざん。耐震強度は基準の8割未満という。

☆京都のアパホテル2件偽装=柱断面の計算改ざん−富山の建築士が構造計算・国交省(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070125-00000060-jij-soci

http://www.asyura2.com/07/social4/msg/189.html

同省によると、2棟はそれぞれ富山県と東京都の設計会社が設計し、田村水落設計が構造計算を担当。2003年8月に「京都確認検査機構」が建築確認を行った。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《「きっこの日記」より》

☆2006/10/20(金) 藤田社長からの公開メッセージ 4

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061020

尚、川崎市のマンションと、アトラス渡辺については、詳細データを以下に掲げます。

1.(仮称)エグゼプリュート大師駅前 

http://www.myhome21.jp/

建築場所 川崎市川崎区大師駅前2丁目12番34号
     RC構造、地上15階建て、延べ床面積3,461?u

建築主(デベロッパー) 株式会社伸明ハウジング 代表取締役 山崎伸
  藤光建設株式会社 代表取締役 佐藤雅彦

設計者 藤光建設株式会社一級建築士事務所 橋本清

構造設計 株式会社田村水落設計 代表取締役 水落光男

川崎市まちづくり局指導部建築審査課長 倉形紳一郎 044−200−3019

国土交通省住宅局建築指導課 03−5253−8111(代表)

山本繁太郎住宅局長、小川富吉建築指導課長、田中政幸課長補佐、高見企画調査官

(1)確認済証番号 eHo.05.A-01003000-01号 (平成17年8月12日)

☆2006/11/28 (火) 藤田社長からの最新メッセージ 1

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061128

私が、建築主:藤光建設が販売を行っている、「エグゼプリュート大師駅前」(以降、「当該物件」)の建築計画として申請された確認申請図書、及び計画変更申請図書、の各々に添付されていた、「構造計算図書」の内容が、本件の構造設計を行った田村水落設計の水落光男代表によって偽装(改ざん若しくは不整合)されていた事実を告げたことに対して、偽装箇所が修正された弁明を行うことも、その証拠を提出することもなく、昨日、平成18年11月27日付で、藤光建設の佐藤雅彦社長が発行したコメント(末尾にコピー)は、コメントとして筋違いであると同時に、コメントの内容自体に偽装が修正された客観的証左も示されていない状況であることに対して、改めて、明確に、以下のコメントを発表いたします。

1.藤光建設が当社(eHomes)及び川崎市に対して確認申請(計画変更も確認申請である)を行った申請図書の内、「構造計算図書」は計算書の数値が偽装(改ざん若しくは不整合)されたものでした。これは客観的事実であり、偽装の証拠資料は私の手元だけでなく、複数コピーしたものが当方の関係者複数名に渡っています。更に、先の日曜日に私のmixiサイトで指摘した偽装数値の箇所は、当日行われた藤光建設の住民説明会場の場で、購入予定者によって確認されていると言う連絡が届いています。

2.よって、当該確認申請図書はいずれも違法であり、この建築計画によって完了間際の当該物件は違法建築物となります。

3.違法建築物の取り扱いは、建築基準法9条に定める通り、特定行政庁によって、必要な措置として同規定に列挙された方法から選択され、結果として違法が是正されるものです。

4.従って、藤光建設が、任意で行った、非破壊検査は全く法的に意味がないのであります。

5.故に、私は、再三再四に渡って、申請図書自体が違法でなくなったことを第一に明かすべきであると主張してきました。その為には、川崎市に対して1月に市が決裁した計画変更申請図書は偽装があるので、これ以降の日付で、再び計画変更がされたのか、若しくは、構造計算図書の偽装が修正されたのかを確認する必要があると主張してきました。私どもが保有している偽装の構造計算図書は、今年の3月に川崎市の審査課職員から提供されたものであり、この時点では、偽装は修正されていませんでした。

☆2006/12/03 (日) ツチノコ軍団VSガマガエル軍団 3

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061203

ちなみに、長勢甚遠て言えば、今から5年ほど前の不況の真っ只中の時に、ある飲み会の席で、「日本は不況じゃないよ。まだ餓死者が出てないからね」ってノタマッたことでもオナジミのとんでもないオヤジだけど、さらに、ちなみに、大堀幸男ってのは、以前、フライデーだかフォーカスだかに、「建設業界のドン」として写真が掲載されたことがある。胸をそっくり返してる大堀幸男に、複数の男性が深々とお辞儀をしてる写真で、とても秘書とは思えないカンロクだった。さらに、この大堀幸男は、自分の姪を拓大に入れて、元拓大総長の中曽根康弘を通じて、大学に対して発言力を求めてた。これは、本人が周りにペラペラと自慢してたことだ。そして、大堀幸男の奥さんは、富山選出の参議院、河合常則の親戚って言う、何から何までデキスギ君てワケだ。

で、この大堀幸男が作り上げたのが、アパグループ→タムラ設計(本設計)→田村水落設計(構造設計)って図式で、ちょうど1年前に、民主党の馬淵澄夫議員が「一気通貫じゃないですか!」って叫んだのとおんなじパターンの「富山バージョン」てワケだ。そして、この一気通貫のシステムが出来上がってから、タムラ設計は業績を伸ばし始めたんだけど、さらに、タムラ設計は、前富山県知事、中沖豊の姉妹の1人を会社に取り込んで、この女性と一緒に中央官庁とかを回って発言力を強めて行き、藤田社長が指摘したように、都市再生機構の中に事務所を持てるほどの癒着ぶりを発揮できるようになったってスンポーなのだ。ちなみに、中沖豊は、全国知事会会長だったから、その身内の女性を連れて回れば、鬼に金棒、きっこにうまい棒だったってワケだ(笑)

‥‥そんなワケで、アパグループやタムラ設計や田村水落設計について、藤田社長が1ヶ月半も告発を続けてるのに、マスコミがいっさいスルーしてんのは、こいつらのバックに控えてる森喜朗を頂点とした売国奴ガマガエル軍団に頭が上がんないからだ。そして、その売国奴ガマガエル軍団のイチの子分のアベシンゾーなんかに直訴したって、どうせ門前払いを食らうのは、藤田社長は最初から分かってたワケだ。だけど、藤田社長は、この国がどれほど腐りきってるかってことを全国民に見せるために、あえて自分がピエロになって、総理官邸まで出向いたってワケだ。ま、この辺の腐りきった癒着の構図は、もうじき発売される藤田社長の暴露本にすべて実名で書いてあるから、この国を食い物にしてる森派の売国奴どもと、そこに寄生してる悪徳企業どもは、今のうちにワインで顔でも洗っといたほうがいいと思う今日この頃なのだ。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


《さらに「田村水落設計」関連データー》

☆藤田東吾社長がTBSに託した資料

http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/803.html

10月22日(日)に、藤田東吾社長が安倍総理大臣に会えた時に手渡そうとしていた、青いパイプファイル(藤田東吾社長官邸直訴「警官集合!」にて持っているもの)には、アパの2棟のマンション(成田と若葉駅前)と川崎大師駅前のマンションの合計3棟を、田村水落設計が構造計算書を偽装した証拠となる資料でした。

☆「安晋会」と、耐震偽装〜ライブドア事件の繋がり

http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/254.html

藤田氏のメッセージより;

「平成18年2月、田村水落設計事務所の水落代表がイーホームズに来社し、「こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた」、「建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ」と発言した。

実際に、田村水落がイーホームズに申請をしていた3件の物件に偽装が発見できた。ヒューザーの時と同様だった。

その後、アパの取締役や責任者がイーホームズに来社し、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請した。『田村水落設計事務所』は、アパグループの物件の構造設計を一手に行なっている。」

(略)

今年の2月以来、政府は藤田氏の指摘する田村水落設計事務所の偽装疑惑を隠蔽し、大手メディアはそれを黙殺し続けている。

田村水落設計事務所は、アパグループの物件の構造設計を一手に行なっている。

アパグループの元谷外志雄社長は『安晋会』副会長である。





posted by はなゆー at 13:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック