2007年02月11日

【記事差替】逢坂誠二代議士が19日の「TVタックル」に出演する

逢坂誠二代議士(民主党。ニセコ町の元町長)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A2%E5%9D%82%E8%AA%A0%E4%BA%8C

http://ch07208.kitaguni.tv/

http://www5a.biglobe.ne.jp/~niseko/

が2月19日(月曜)放送の「ビートたけしのTVタックル」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%AETV%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB

に出演する。

出演者は逢坂代議士の他、片山鳥取県知事、上田埼玉県知事、猪瀬直樹氏、舛添参議院議員、松原聡氏、三宅久之氏、、加えてレギュラー陣。

テーマは、談合、自治体財政破綻、そして道州制の三つ。

その収録は昨日行なわれた。

情報源は逢坂代議士本人のミクシィ日記なので間違いない。

この逢坂代議士は、漢の高祖

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%89%E9%82%A6

を上品にしたようなキャラクターであり、同性異性を問わず、非常に人に好かれる「長者の風格」タイプの性質である。

怜悧な官僚型キャラクターが多い民主党の代議士には珍しい「大器量」の人材であり、棟梁の器、総理大臣の器であると、私は判断している。

漢の高祖は何のとりえもない人物であったが、有能な人材を発掘・登用して使いこなして天下を取った。逢坂代議士もこれから同様のことをやってのける可能性が高いと見た。

ちなみに私が自民党の幹事長であれば、この逢坂代議士および寺田学代議士

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E7%94%B0%E5%AD%A6

http://www.manabu.jp/

のような「大器量」の人物を最も警戒する。単なる能吏型の議員は怖くないが、大器量タイプの議員は怖い。

posted by はなゆー at 08:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | TVネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

やっぱり逢坂誠二さんは、かっこいい!
Excerpt:  毎週、行事があって、今日もブログを書いていたら、時間が苦しくなるのですが、フジテレビに民主党の逢坂誠二議員が出演されていて、かっこいい!と思えてしまうので、ちょっとだけ書いておきます。  昨日、安..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2007-02-11 09:19