2007年02月16日

〔メモ〕麻生太郎氏とヒラリー・クリントン氏の接点

http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/1129.html

によると、麻生太郎氏が経営する麻生セメントの親会社は、ヒラリー・クリントン氏が顧問弁護士を務めるラファルジュ社のようである。

☆フリー百科事典ウィキペディア「麻生ラファージュセメント」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E7%94%9F%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

麻生ラファージュセメント株式会社は福岡県福岡市に本社を置くセメントの製造会社。株式会社麻生と仏セメント大手であるラファージュ社(Lafarge)との合弁会社である。代表取締役社長の麻生泰は社団法人日韓経済協会副会長も務める。



植草事件の真実
posted by はなゆー at 11:03| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それで、ですか!
ネット工作員の坊っちゃん嬢ちゃんが「ローゼン閣下!」とかって持ち上げてるのは、軍産石油複合体による米自一体化を円滑に進める方策の一環として、奉仕してらっしゃる訳ね!?
アメリカ人の靴墨は甘いんでしょうかねぇ?
Posted by 田仁 at 2007年02月16日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック