2007年02月17日

米国がイラクとアフガンに陸上自衛隊の派兵を要求する可能性

☆米副大統領、イラク・アフガンで日本の協力要請へ(日本経済新聞)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070217AT2M1700Y17022007.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/1182.html

米政府高官は16日、チェイニー副大統領の20日からの訪日で、イラクとアフガニスタンでの「対テロ戦争」に関して日本に一層の協力を求めるとの見通しを示した。同高官は「軍事面での協力強化は最も重要な問題だ」とも指摘した。

同高官はイラクへの自衛隊派遣などに触れて「日本の役割は国際的に増大している。資金面の貢献だけでなく、文民、自衛隊が積極的な役割を果たし、国際社会の平和と安定に貢献している」と語った。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

《関連アーカイブ〜陸上自衛隊が再びイラクに送り込まれるとの観測が急浮上(2007年1月24日の拙文)》

http://alcyone.seesaa.net/article/32016045.html

☆イラク米軍増派と日米同盟(日本経済新聞・プロの視点=春原剛・編集委員)

http://www.nikkei.co.jp/neteye5/sunohara/20070120n9a1k000_20.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/108.html

日本にとって気になるのは、米専門家が口をそろえる第3段階、すなわち多国籍軍方式でのイラク国境警備の強化という新しいミッションにどこまで加担するかという点である。

小泉純一郎前首相の路線を引き継ぎ、対米重視の姿勢を鮮明にしている安倍政権へのブッシュ政権の期待は大きい。それだけに、一度はイラクから無傷で引き上げることができた陸上自衛隊を「もう一度、イラクに」と米国に依頼される可能性は高い。

折りしも2月20日前後にはブッシュ大統領の片腕的存在であるチェイニー副大統領が急遽来日する。安倍首相が5月の連休まで訪米しないことから、「首脳レベルでの交流に空白期間を設けないため」というのが表向きの説明だが、それだけの理由で副大統領自ら来日することは不自然である。

★チェイニー副大統領がわざわざ日本に来るということは、やはり自衛隊に対して「赤紙」「召集令状」を配達するための来日ではないかと思われる。ただし、イラクではなくアフガニスタンに派兵しろと言ってくる可能性もあるし、アメリカがイランとの戦争を始めた場合には海上自衛隊をペルシャ湾に派兵しろと言ってくる可能性もある。要するにチェイニー副大統領が来てみなければ「赤紙」「召集令状」の詳細はわからない。

posted by はなゆー at 15:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック