2007年03月08日

フィリピン紙社説「慰安婦問題:安倍首相は不誠実だ」

☆Dishonest Abe(3月4日のフィリピン紙「Inquirer」社説)

http://opinion.inquirer.net/inquireropinion/editorial/view_article.php?article_id=52770

http://tinyurl.com/2snbwo

MANILA, Philippines -- Given his politics, it was only a matter of time before Shinzo Abe, elected prime minister of Japan just last September, would roil regional waters. Last Thursday, he did so, and in outrageous fashion. He told reporters that the hundreds of thousands of “comfort women” forced into sexual slavery by the Japanese army in the 1930s and 1940s were not victims of abuse; they had entered the army’s network of military brothels willingly.

“There was no evidence to prove there was coercion as initially suggested,” Abe said. “That largely changes what constitutes the definition of coercion, and we have to take it from there.”

(以下省略)

★ウニ氏による要点訳は以下のとおり

         ↓

http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_6fc9.html

「不誠実な安倍」(Dishonest Abe)と題されたフィリピンの Inquirer 紙の社説(3月4日付け)は、安倍首相の「強制はなかった」という発言に関して、

中国や韓国だけではなく、日本の忠実な同盟国であるフィリピン(この国では、日本軍の「慰安所」で何千人もの女性が繰り返し犯されたのである)からさえも反発は免れない。それが日本の国民に彼に関する考えを変えさせる力となるか、さらに彼の人気を高めることになるか、もうすぐ分かることになる。

と述べている。

社説はまた、安倍首相が大した手腕や実績もないのに父親や祖父の七光りで担ぎ出され、中国への侵略について謝罪しようとしない極右のナショナリストが支持母体になっており、北朝鮮に対して強硬な姿勢をとったことで人気が出ただけだと述べており、しっかり安倍首相を取り巻く日本の政治情勢を把握していることが分かる。蛇足だが、社説のタイトルは "Honest Abe"(正直者エイブラハム・リンカーン)という熟語のダジャレのようなもの。

posted by はなゆー at 06:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック