2007年03月08日

米紙社説「慰安婦問題で日本の天皇陛下が謝罪なさることを望むものです」

従軍慰安婦問題に関する安倍晋三首相の発言について、米有力紙ロサンゼルス・タイムズは、問題解決に向け、「天皇陛下は昭和天皇の名において行われた犯罪に対し一歩進んだ謝罪ができる」とする社説を掲載した。

☆天皇陛下は謝罪を 従軍慰安婦問題で米紙 (共同通信)

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/0000263694.shtml

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/835.html

社説は、日本政府に明確な謝罪を求める米下院外交委員会の決議があっても謝罪しないと述べた安倍首相について「中国、韓国との関係改善を目指し首相に就任しながら、日本の右翼勢力による歴史の修正主義にくみして関係を台無しにした」と批判した。

損なわれた日本のイメージと近隣国との関係修復のためには「政治の論争を越え、一番の貢献ができるのは天皇陛下だ」と指摘。1992年の訪中で「過去」を「深く悲しみとするところ」などと表明した発言より「さらに説得力のある謝罪」が、日本の政治家の発言より意味を持つと主張した。

☆Paging the emperor 〜 As Japan struggles to come to grips with wartime atrocities, its monach could lead the way.(米紙「ロサンゼルス・タイムズ」社説)

http://www.latimes.com/news/opinion/la-ed-japan07mar07,0,616262.story?coll=la-opinion-leftrail

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/836.html

PRIME MINISTER Shinzo Abe's attempt to finesse the Japanese government's role in forcing about 200,000 Asian women to work as sex slaves during World War II is worse than unfortunate. It is counterproductive ― and the best person to repair the damage is Emperor Akihito himself.

(略)

The person who could do the most to reconcile the people of Japan and their neighbors with the past is Akihito, the son of wartime emperor Hirohito. He is also the one person who could lift this issue above the political fray. In 1992 in Beijing, he spoke eloquently about his nation's tainted past. "There was an unfortunate period during which our country inflicted severe suffering upon the Chinese people," he said. "This is a deep sorrow to me. When the war ended, our people, in deep self-reproach that this kind of war should never occur again, firmly resolved to tread the road of peace."

The emperor could now go one step further and offer a more forceful apology for all crimes committed in his family's name. Such a gesture would be far more definitive and meaningful than any statement issued by a Japanese politician. It's time for both Japan and its neighbors to move on.

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

★この社説の背景はまだよくわからないのだが、もしかしたら米国の上層部に「安倍首相とその内閣には何を言っても馬耳東風で無駄であるので、こうなったら天皇陛下に直訴しよう」という動きでもあるのだろうか?

posted by はなゆー at 13:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック