2007年03月15日

米紙「慰安婦問題:安部首相の発言は特に悪質である」

アメリカのやや保守的な有力経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB

は、従軍慰安婦(性奴隷)問題に関して、安倍首相の発言を批判する法学者の寄稿を掲載した。

☆「慰安婦」問題 強制性否定は悪質 米法学者が安倍発言批判(赤旗)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-15/2007031507_01_0.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1279.html

投稿は、ハーバード大学法学部のジェニー・スック教授と、ニューヨーク大学法学部の教授で米外交問題評議会の研究員でもあるノア・フェルドマン教授の連名によるもの。

(略)

両教授は、安倍首相はいまだに「実際の拉致は日本軍ではなく民間業者が行ったとの立場を維持している」とし、「言語道断」だと述べています。

その理由として、六年前に米連邦地裁で争われた「慰安婦」問題の裁判で、被害者の女性から訴えられた日本政府が「商行為として行ったことを否定した」事実を挙げました。同地裁は女性たちが政府の計画にそって拉致されたとし、日本政府の行為は「商行為」というより「戦争犯罪に近い」と結論を下したと両教授は指摘。政府が「商業的事業」をした場合に訴えられるケース以外には訴追できないとする外国主権免責法の規定によって日本政府の責任が問われなかったことを紹介しました。

その上で、「日本兵による拉致は商行為ではないとの法廷の結論から利益を得ながら、日本政府が今、日本兵は誰も拉致していないと述べるのは、特に悪質だ」と強調しています。

☆Japan's Uncomfortable History (米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」)

http://online.wsj.com/article/SB117375345789635057.html?mod=opinion

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1282.html

But there is further reason to find Abe's suggestion outrageous. When women who survived the sex-slavery camps sued Japan in federal court six years ago, they alleged that the whole sex slavery scheme functioned as commercial activity. Faced with this charge, Japan denied it had acted as a business. The D.C. district court agreed, holding in effect that the fact that the women were abducted and enslaved pursuant to a Japanese government "master plan" distinguished their case from routine commercial prostitution. The court concluded that this "barbaric" conduct was more like a war crime or a crime against humanity than a commercial venture, and so Japan could not be held liable under the provision of the Foreign Sovereign Immunities Act that allows governments to be sued when they act like businesses.

            ↑

日本政府が「日本兵による従軍慰安婦(性奴隷)の拉致は商行為として行ったことを否定した」アメリカでの裁判についての記述部分。

posted by はなゆー at 11:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック