2007年03月28日

米CIA長官が断言「昨秋の北朝鮮の核実験は失敗に終わった」

訪韓した米中央情報局(CIA)のヘイデン長官(韓国での勤務歴を持つ、代表的な知韓派のアメリカ高官でもあるし、アメリカ空軍の諜報畑の叩き上げでもある。大学時代はタクシーの運転手をしながら苦学したことでも有名。この人、韓国ソウルのアメリカ大使館に勤務していた当時は、北朝鮮関連の情報収集に長じていたと噂されている)が、金章洙国防相に、米国が北朝鮮を核保有国と認めない理由として「昨年の核実験は失敗したからだ」との見解を伝えた。

北朝鮮通のヘイデン長官がこのように自信を持って言い切る以上、昨秋の北朝鮮の核実験は失敗したものと思って良いと思う。
 
☆極秘訪韓米CIA局長「北朝鮮、核保有国認定しない」」(韓国紙「中央日報」)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=85915&servcode=500§code=500

http://www.asyura2.com/07/war90/msg/409.html

ヘイデン局長はこの日、金長官に「米国が2003年イラク戦で情報分析に失敗したことは、当時、大量破壊兵器専門家たちだけで情報分析をしたから」と述べ「あのとき、イラク文化専門家たちと一緒に分析していたら失敗しなかった」と述べた。「北朝鮮情報も同じだ。北朝鮮に対する情報は米国もたくさん持っているが、北朝鮮の情緒や文化をよく知る専門家は韓国の方が多い」とし「したがって北朝鮮の意思決定を分析することに韓米間の緊密な情報交流が必須」と強調した。

政府関係者は「国連辞令部と在韓米軍司令部副参謀長まで務めたヘイデン局長は韓国にて長く勤務し、韓国政府が確保した「人間情報」(ヒューミント、Human intelligence)資産に対してよく知っている」と「米国の優秀な『信号情報』(Sigint)も人の心を読み取れる人間情報がなければ失敗することがあり得るということが彼の言及の核心」と話した。

☆「北朝鮮の核実験は失敗」=米CIA長官、保有国と認めず−韓国紙 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000051-jij-int

http://www.asyura2.com/07/war90/msg/409.html

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

★韓国は日本とは比較にならないほど「人間情報」資産の充実に力を注いでおり、それが非常事態には大いに役に立つ。日本は高価な武器はどんどん購入するが、情報戦や心理戦に長じた人材の育成には遅れをとっているとされ、これが日本の国防のネックであると見られている。

「日本は韓国を見くびりたり。」



大黒天 純金製 御守小判
posted by はなゆー at 12:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック