2007年03月30日

英紙ガーディアン「憲法9条を改定すれば日本はアジアで孤立する」

これまでは日本が憲法9条を改定することを賛成ないし黙認してきたアメリカ外交が、中国などのアジア重視にその軸足を移して急旋回することによりその態度を豹変させて、憲法9条改定に明確に反対することになるであろうというかなり重大な観測である。

どうやら安倍政権は二階にのぼったまではよかったが、米英からハシゴをはずされることになりそうだ。

実際問題として、アメリカが反対すれば、とても憲法9条改定はできない。

           ↓

英国の高級紙「ガーディアン」にフランシス・フクヤマ氏(ジョンズ・ホプキンス大学教授)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%A4%E3%83%9E

が寄稿した。

日本の安倍政権が憲法9条を改定しようと画策していることがアジアでの孤立をまねいているということで、このことは米国上層部でも懸念と当惑が強まっていると分析。

遊就館

http://ch10670.kitaguni.tv/e266759.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E5%B0%B1%E9%A4%A8

という戦争賛美の博物館を持ち、12人のA級戦犯を合祀する靖国神社を小泉首相が立て続けに参拝したこと。そして、その後継者の安倍首相が(「従軍慰安婦=性奴隷」問題に見られるように)ひとりよがりで独断的で、かって迷惑をかけた諸国や人々への一切の謝罪を拒否する「頑迷な日本」の建設に邁進していることに触れ、「日本はドイツと違って太平洋戦争での自国の責任と向き合ってこなかった」と述べ、こうした国家主義=ナショナリズムの高まりのなかで、戦力不保持と戦争放棄を明記した憲法9条を改定する動きが日本で強まっていることにアジア諸国が懸念し、日本が孤立していると指摘した。

そして「これまでは、日本の再武装を支持して、憲法9条改定の後押しをしてきたアメリカが(アジア諸国からの突き上げをくらって)困難な板ばさみ的な政治的立場に置かれている」とし、ブッシュ大統領は安倍首相に率直にものを言うことになる(おそらくは「日本は憲法9条の改定をするな、アジア諸国と無用な摩擦を起こすな」という内容であろう)だろう、と結論づけた。


☆ Straight talking (英紙「ガーディアン」)

http://commentisfree.guardian.co.uk/francis_fukuyama/2007/03/the_trouble_with_japanese_nati.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo32/msg/725.html

This leaves the US in a difficult position. A number of American strategists are eager to ring China with a Nato-like defensive barrier, building outward from the US-Japan security treaty. Since the final days of the cold war, the US has been pushing Japan to rearm, and has officially supported a proposed revision of Article 9 of the postwar constitution, which bans Japan from having a military or waging war.

But America should be careful about what it wishes for. The legitimacy of the entire American military position in the far east is built around the US exercising Japan's sovereign function of self-defence. Japan's unilateral revision of Article 9, viewed against the backdrop of its new nationalism, would isolate Japan from virtually the whole of Asia.

Revising Article 9 has long been part of Abe's agenda, but whether he pushes ahead with it will depend in large part on the kind of advice he gets from close friends in the US. President Bush was unwilling to say anything about Japan's new nationalism to his "good friend Junichiro" out of gratitude for Japanese support in Iraq. Now that Japan has withdrawn its small contingent of troops, perhaps Bush will speak plainly to Abe.  




posted by はなゆー at 10:07| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「暴力団ブッシュ組傘下、安倍一家」に対してブッシュ組長が説教しているといった構図ではある。

自分たちのゼニもうけで、イラクを破壊中のブッシュ組。
イランをイラクと同じようにするつもりのブッシュ組。
こんな説教をブッシュ組が行うのは二重規範。
「戦争犯罪人が正義の味方ツラをする資格はないよ。自分自身も同じ基準で裁けよ。」と思う。

しかし安倍一家の犯罪的言辞を憎む者にとっては、とりあえずの朗報かも知れない。
Posted by 毎日拝見 at 2007年03月31日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック