2007年04月01日

今夜NHKで放送→城山三郎氏が語る神風特攻隊

福岡県柳川市の坂井貴司氏からの情報。

     ↓


3月22日、経済界を舞台にした経済小説を書き続けた小説家城山三郎氏が死去しました。城山氏はまた、戦中派の一人として太平洋戦争を描いたルポも書きました。

その一つに、太平洋戦争末期に行われた神風特別攻撃隊(特攻隊)を初めて行った日本海軍のパイロット「関行男」と、敗戦当日の1945年8月15日夕方、沖縄へ飛び立った「最後の神風特攻隊」のパイロット中都留達雄を描いた『指揮官たちの特攻』があります。

その『指揮官たちの特攻』のドキュメンタリー番組が今日(4月1日)深夜、NHKで放送されます。

NHKスペシャル
「戦争を知らない君たちへ「特攻〜城山三郎 青年指揮官を追う」

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=501&date=2007-04-01&ch=21&eid=22551

http://www.nhk.or.jp/special/

放送日:2007年4月1日(日)

放送時間: 翌日午前0:35〜翌日午前1:25(50分)

海軍兵学校の同期生であり、優れたパイロットでありながら、生い立ちも性格も全く違う二人が、神風特攻の幕開けと幕引きをやらされた運命を、城山氏自身がゆかりの地を歩いて語ります。

二人にとって、残された家族にとって、そして自分自身にとって、神風特攻とは何だったのかを問う番組です。





posted by はなゆー at 10:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TVネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック