2007年04月08日

北朝鮮は日本のカイライ国家であるという極めて奇怪な説

以下の記述は、源義経とジンギスカンが同一人物であり、元王朝の「元」は「源(げん)」に由来するという説と同じくらいぶっ飛んだ説で、オカルト雑誌「ムー」

http://www.gakken.co.jp/mu/

に載ってもおかしくない説なのではあるが、少なくても部分的には「つじつま」が合っており、頭から馬鹿にするのはこれまた狭量であると思われる。
無視を決め込むのもなんとなく惜しまれるので、いちおう紹介しておきたい。

北朝鮮の主体思想と丸山真男思想の共通点、朝鮮労働党と大政翼賛会の共通点というのも、たしかに指摘する声はある。かぼそい声だが。


                ↓

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「横田めぐみさんは選挙前に帰国する」  

☆北朝鮮は日本の傀儡国家で、拉致事件は日朝両国政府の協力によるもの、という陰謀シナリオについて考える(国際情勢の分析と予測)

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/061d683c85b6f977add045834f485fde

http://www.asyura2.com/07/senkyo32/msg/1095.html

そもそも北朝鮮には、奉天特務機関とか中野学校、上海同文書院系の「スリーパー残置諜者」が建国に大きな役割を果たしたといわれています。お偉方の長老で、メディアに出ない人たちは、実は、多くは日本人ではないかといわれています。あの小野田さんの元気な姿をみると、北朝鮮建国に関わった日本人の生き残りがいてもおかしくはないです。

終戦後、国民党を助けた「白団」やインドネシア、ビルマ、インド、ベトナムと、実は日本人が大きく関わっていたりします。現地に骨をうずめたひとです。

北朝鮮の「トンネル」や「地下」を利用した手法は、まさに硫黄島の教訓を以下したものかもしれません。韓国の健軍にも日本人が関わっていたように、まあ・・日本人の成りすましが草が存在して、影響力をもっていても不思議ではないですが。

日本は、ぎりぎりのところで、助けられているのかもしれません。

(略)

江沢民ですが、酔っ払うと「ソーラン節」を日本語で歌うようです。

北朝鮮の主体思想は、丸山真男

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E7%9C%9E%E7%94%B7

のゼミで学んだ人物が、北朝鮮に丸山思想をもっていって、体系化したものと、約20年前ぐらいからいわれている・・というかしばしば耳にするのですが、・・食わせ物の丸山の思想を体系化し、ソ連のマルクス思想を中和する狙いだったようです。

中野学校系の人間が、やりそうな事だと思うのですが・・・。

posted by はなゆー at 00:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック