2007年04月08日

石原慎太郎氏圧勝をうけて論客「佐藤巧」氏のコメント

阿修羅掲示板の切れ者論客「佐藤巧」氏のコメント。なかなか鋭いところを突いているものと思われる。

カリスマ性のある候補を擁立して、発展途上国っぽい選挙戦に持ち込むというのはたしかに一策であろう。

          ↓

http://www.asyura2.com/07/dispute25/msg/471.html

小泉の大勝、石原の圧勝を続けて見せられると、そこに共通しているのは協力(原文ママ)なリーダーシップ、父性といったものではないかと感じています。それは「優しい笑顔」の吉田氏にも「フェミニズム系」浅野氏にも全くみられないものです。

確かに阿修羅的観点からみればそれは「独裁的」という言葉にすぎないのでしょうが、仮にワヤクチャさんの言う通り、政策そのものでの勝負よりも有権者が求めているものを見極めるという戦略が有効であるというのならば、カリスマ性のある候補をたてるという以外に有効な手だてがない気がします。

共産党だからという理由で政策の中身を評価してもらえない候補や「市民が担ぎ上げた」といううたい文句でありながら無党派層で石原に負ける候補しか出せなかったという時点で反石原(だけで一括りにしてしまうことには反対ですが)陣営には勝ち目がなかったということでしょう。

父性やリーダーシップ、場合によっては「マッチョ」を前面に出した革新候補というものは出せないものでしょうか。浅野氏を担ぎ上げた「市民団体」の受けは悪いでしょうが、おそらく無党派層の女性も含め、全体的な支持率は今回より上がるのではないかと考えています。

posted by はなゆー at 21:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マッチョでネオリベしか東京の首長になれないというが
Excerpt: ■またまた、『低気温のエクスタシーbyはなゆー』から興味ぶかい記事2本。■太字は、「はなゆー」氏による引用。それ以外は「はなゆー」氏のコメントおよびリンク。●「石原慎太郎氏圧勝をうけて論客「佐藤巧」氏..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2007-04-09 02:49