2007年04月09日

兵庫県議選でも自民党が歴史的大敗を喫した

兵庫県議選(定数九二)。最大会派の自民が、公認・推薦で三十八議席(無投票当選を含む)にとどまった。前回、前々回の四十三議席を下回る歴史的大敗となった。自民は現職議長や県連選対委員長など、中堅ベテラン勢が相次いで落選した。

☆自民が歴史的大敗 兵庫県議選 (神戸新聞)

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000295758.shtml

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/202.html

自民は、保守系無所属の当選者九人を会派に加えれば過半数の四十七議席になるため、今後、多数派工作に乗り出す。

(略)

兵庫県議選で、民主系が二十議席に伸ばす一方、共産は三減、一議席を維持していた社民、新社会がともに議席をなくし、二大政党への流れを印象づけた。

★二大政党プラス公明党以外の既成政党はちょっと苦しい時代になってきたようだ。



生八ツ橋は定番のニッキ味や抹茶、梅風味の三種類の詰合せとなっております。生八ツ橋につぶ餡...


posted by はなゆー at 13:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック