2007年04月12日

尾身財務相「残業時間を半減すれば日本はキリギリスの国になる」

労働市場改革を議論した経済財政諮問会議で、残業時間半減などを政府目標にすべきだとする民間メンバー案に対し、尾身幸次財務相

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%BA%AB%E5%B9%B8%E6%AC%A1

が「日本をキリギリスの国にしてしまう」と反論した。


☆尾身財務相 「残業半減ではキリギリスに」諮問会議で発言(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000122-mai-bus_all

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/332.html

尾身財務相は「働きたいのに残業時間を半減しなければとか、働かないことがいいことだという考え方は自由主義に反する。国家の方向として決めることは、わが国が衰退する原因になる」と主張。民間案の土台にある「ワークライフバランス」(仕事と家庭の両立)などの仕事観、家庭観に異議を表明した。

☆「キリギリス」の国にするのか!=休暇促進案に財務相反発―6日の諮問会議(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000205-jij-pol

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/332.html

財務相は「みんなが働かないことがいいという考え方は自由主義に反する。国が衰退する原因になる」と述べた。甘利明経済産業相も「働くことが生きがい、喜びだという質にも目を向けたらどうか」と疑問を呈した。

★仕事と家庭生活の両立ができないほどの長時間労働をしないことがどうして「キリギリス」なのか理解できないのだが。過労死や過労による「うつ病」などが無数に発生している俗世間から遊離した思考法のように感じられる。

posted by はなゆー at 08:36| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、それは日本会議の特権階級で、ギリギリな生活レベルのニート・フリーターを犠牲にしているからこそ、事実を誤魔化して被害者に加害責任を負わせる「美しい国」の伝統を、態々「言挙げ」されたんではないですか?
ヨクあるじゃないですか、交通事故の被害者児童が実は交通ルールを守ってなかったとマスコミにリークするとか、殺人事件の被害者が実は変質行為を愛好していて、後ろ手に手錠を掛けて自分の靴下を口に入れ玄関先で「エレクト」してた筈と宣伝するとか。
一昔前はストーカーされる方が悪いんでしたかね?毎日記者の裁判とか、言い出すとキリがないですが…。
Posted by 田仁 at 2007年04月14日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック