2007年04月18日

長崎市長銃撃で加藤紘一氏「発言控える世の中にしてはいけない」

「非常に深刻な話だ。これで政治活動をおさえたり、発言を控えたりするような世の中になっては絶対にいけない。政治活動が萎縮(いしゅく)すればこの国が暗くなり、危ういものになる感じを、みんな持ってしまう」

☆「発言控える世の中にしてはいけない」加藤紘一元幹事長 (朝日新聞)

http://www.asahi.com/special/070417a/TKY200704170382.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/623.html

さらに「暴力に訴えて発言や行動をとめることがあってはならないという怒りをもっと強く共有しないとこういう事件は続発する。政治家や国民やメディアがどうとらえるのか。そこが問われる」と語った。

posted by はなゆー at 09:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

白色テロルを許さない!! 伊藤一長長崎市長の死を悼む
Excerpt:  本日未明、昨日暴力団員によって銃撃を受けた長崎市長伊藤一長(いとういっちょう)
Weblog: アッテンボローの雑記帳
Tracked: 2007-04-19 03:37