2007年04月20日

長崎市長暗殺事件は単独犯ではなく共犯者がいる可能性が浮上

☆長崎市長殺害事件の深層 (有田芳生の酔醒漫録)

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2007/04/post_8a3c.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/728.html

長崎市長暗殺事件で共犯者がいる可能性が出てきた。現場近くで暴力団風の男たちが目撃されていたからだ。犯行の動機は個人的なものとの県警の判断にも揺らぎが出てきたようだ。地元からの情報によれば、利権をめぐる「別の動機」があるともいう。しかし容疑者は「個人的動機」以外では黙秘。真相が明かされることはあるのだろうか。

☆容疑者所属暴力団 解散直後に再結成 事件関与? 不審車両目撃証言も (西日本新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000017-nnp-soci

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/729.html

また、捜査本部は、事件当時、現場近くに水心会関係者の車両に似た車が止まっていたとの目撃証言もあり、同会トップの会長や、城尾容疑者の運転手役とみられる組員からも事情聴取。組織的関与がなかったか調べている。城尾容疑者は、動機など核心的な部分については「黙秘します」などと話しているという。

★とは言うものの、犯人も筋金入りの暴力団員である以上、おそらくはこのまま黙秘を続けるであろうし、たとえ共犯者がいたとしてもそれが明るみになることはないのではないかと予想される。



幸せの黄色いカステラ(0.6号)
posted by はなゆー at 10:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック