2007年04月23日

週刊ポスト「伊藤一長・長崎市長は利権戦争に怯えていた」

http://www.weeklypost.com/070511jp/index.html

射殺事件と疑惑の市政を現地徹底取材!

「伊藤一長・長崎市長は利権戦争に怯えていた」

「最後まで市長選出馬を嫌がっていた」(民主党幹部)の重大証言も――

「入札情報漏洩」「書類偽造」「市役所の裏金」…いったい背後で何が起きていたのか

狙いすました凶弾だった。選挙戦さなかの候補者は、選挙運動のリミットである午後8時には事務所に戻る。そこには間断なく見知った顔、見知らぬ顔が出入りしている。まさに無防備だった。

日本には現在、8万丁を超える拳銃が眠っていると推計されている。それを野放しにしてきた銃社会の問題をまざまざと見せつけただけでなく、凶行の裏には民主主義の根幹さえ揺るがす「闇社会の戦い」が見え隠れしている。



ザ・ウィンザーホテル洞爺『ブッシュ・ド・ノエル・オー・マロン』
posted by はなゆー at 19:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック