2007年04月25日

安倍首相「週刊朝日は言論によるテロをおこなった」

安倍晋三首相は、長崎市長暗殺事件の容疑者が所属していた暴力団と首相サイドとの「関係」に触れた週刊朝日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%9C%9D%E6%97%A5

の報道について「私や私の秘書がこの犯人や暴力団と関係があれば、直ちに首相も衆院議員もやめる考えだ」と述べた。

☆暴力団と関係あれば首相辞める」・首相が週刊誌報道を批判 (日本経済新聞)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070424AT3S2402B24042007.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/939.html

同時に「全く事実に基づいていないのであれば言論によるテロではないか」と指摘し、法的措置も検討する意向を示した。

☆週刊朝日報道を安倍首相が批判 (朝日新聞)

http://www.asahi.com/national/update/0424/TKY200704240366.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/938.html

山口一臣・週刊朝日編集長の話 

一部広告の見出しに安倍首相が射殺犯と関係があるかのような不適切な表現がありました。関係者のみなさまにおわびいたします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆長崎市長を射殺したテロの「真犯人」 (きまぐれな日々) 

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-320.html

☆やはり!安倍晋三と長崎事件の接点 (反戦な家づくり) 

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-333.html

☆長崎市長射殺事件と日本会議と安倍晋三 (カマヤンの虚業日記)

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070421#1177093780

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆ 安晋会と水心会 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20070420

それにしても、耐震偽装事件のヒューザーやアパを始めとして、本当の黒幕を守るために政府が総出でウヤムヤにした事件の関係者たちって、どうしてみんな「安晋会」と深くつながっているのでしょうか?

耐震偽装事件の時にも、ヒューザーのオジャマモンが、アベシンゾーへの口利きの窓口として名前を出したのに、アベシンゾーが顔を真っ赤にして擁護したアベシンゾーの秘書、「飯塚洋」

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%D3%C4%CD%CD%CE

に、あたしたち国民は注目しましょう。

そういえば、アベシンゾーやナンミョー塩崎が必死に擁護してるアパの会長も、「飯塚洋」と仲良しこよしでしたね(笑)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

《直接の関係はないものの「ひっかかる」アーカイブ》

☆「安倍氏秘書が見返り金」、放火事件公判で検察指摘 (2006年7月13日の朝日新聞)

http://www.asyura2.com/0601/senkyo24/msg/238.html

山口県下関市で00年、安倍官房長官の自宅や後援会事務所などに火炎瓶が投げ込まれた事件で、非現住建造物等放火未遂などの罪に問われた指定暴力団工藤会系の元組員地蔵原知哉被告(27)に対する論告求刑公判が12日、福岡地裁小倉支部であった。検察は地蔵原被告に懲役10年を求刑。犯行の経緯について、99年の下関市長選の際、安倍氏が推した候補を支援した土地ブローカーに対し、当時の安倍氏秘書が300万円を工面したが、ブローカーはさらに安倍氏本人に金を要求。安倍氏が応じなかったため、暴力団と共謀して報復したと述べた。

論告で検察は、土地ブローカーの小山佐市被告(68)=同罪で公判中=が「安倍議員の地元秘書佐伯伸之氏(現・下関市議)と交際していた」としたうえで、「市長選で安倍議員が支持する候補者を支援して当選に寄与したとして、佐伯秘書に対し、絵画の買い取り名下に現金500万円の支払いを要求し、300万円を工面させた」と指摘。その後も「安倍議員に面会して金員(原文ママ)を要求したが拒絶されたため恨みを抱いた」と述べ、親交があった工藤会系組長の高野基被告(56)=同=と共謀して犯行に及んだと主張した。

☆安倍官房長官の地元・下関市長と広域暴力団の癒着を示す文書 (2006年1月22日の「ストレイ・ドッグ」)

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/01/post_9662.html

http://www.asyura2.com/0601/senkyo18/msg/894.html

posted by はなゆー at 09:33| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『台湾でも、東中野先生の本は翻訳されているのか?』

 金美齢さんは、南京事件を否定しているし、
 台湾の高校の新しい教科書では、南京事件の記述を減らしたりしているようなので
 さぞや、台湾でも
 東中野先生の『南京事件「証拠写真」を検証する』の
 翻訳本が話題を呼んで、
 文壇やネット上で
 白熱した論争がまき起こり、その世論の圧力が
 教科書の 南京の記述を減らしたりしたのかと想像したので
 台湾のネット上から、その白熱した議論の様子を調べてみようと考えました。

 ( もし台湾でも東中野先生の
  『南京事件「証拠写真」を検証する』
  という本が翻訳されて、出版されていれば
  台湾のネット上(中国語(繁体))でも当然話題になっている可能性が高いと思われます。)

 結論から言えば、台湾のネット上ではまったく東中野先生のこの本は話題になっていないみたいなので
 (拍子抜け・・・、一応検索ツールのそれぞれ10ページ分まで調べてみましたが...)
 (検索日時2007年4月17日)
 おそらく、この時点では翻訳されている可能性は低いと思われます...


  詳細は以下のサイトから

   http://adon-k.seesaa.net/article/33475443.html
    ADON-K@戯れ言 (下にかなりスクロールして下さい)
Posted by 寅さんネコ at 2007年05月18日 16:48
若かりし頃、人身売買小説を書いて一躍有名になったレイシス都知事が、恥晒しに米国で台湾を推して中国を扱き下ろしたが、台湾の経済規模がどんなに拡大しても尚も到底中国には適わないので、米国人は決して日本人のようには踊らされない。
ソレが理解出来ないのは耄碌だ。
但し、東中野氏はレイシス都知事よりもっと耄碌しており、日本の裁判官に理解できる言葉を喋る事さえ覚束ない。
ま、どっちも裁判に負ける点では人後に落ちない訳だが。
Posted by 田仁 at 2007年05月20日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック