2007年04月30日

沖縄・名護市の辺野古区が米軍飛行場の反対決議を撤回へ

名護市の辺野古区は、区の最高意思決定機関である辺野古区行政委員会に対し、1999年に行政委が普天間飛行場

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E5%A4%A9%E9%96%93%E5%9F%BA%E5%9C%B0

代替施設のヘリポート陸上案と埋め立て案に反対した決議の、撤回を求める提案を行った。

☆辺野古反対決議撤回へ 区長提案、行政委近く審議普 (琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23392-storytopic-3.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/163.html

辺野古区の有志でつくる代替施設推進協議会の代表で、区行政委の副委員長を務める宮城安秀氏は「区長の方針を全面的に支持する」と述べ、決議撤回の審議へ前向きな姿勢を見せている。

★要するに基地建設を認めるかわりに、東京政府は辺野古に「地元振興や生活補償のための資金」を投入してくださいということであろう。沖縄では知事選、参院補選と与党候補が連勝したこともあり、地元の空気も「理想よりも“明日の飯”を」と変わったのかもしれない。



石垣島 ダイエットもろみ酢
posted by はなゆー at 13:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック