2007年05月10日

国を提訴した女性自衛官が理不尽で屈辱的な配置転換を命じられた

▼ 原告(女性自衛官)側弁護士である佐藤博文氏からの情報 ▼

ところで、昨日は提訴のために有給をとっていた彼女ですが、今朝出勤したときに、勤務場所を現在の本部の庶務から、庁舎内で「奥」とか「倉庫」といわれている6畳ほどの何もない部屋に行けと命令されたと、今朝8時頃、泣きながら電話が入りました。

しかも、その理由が「お前は部隊の業務を滞らせているから」と言われたとのこと。彼女は、それまできちんと仕事をしていて文句一つ言われたことはないし、昨日は年休を取り、外出許可をもらって出ているのだから、「業務ができていない」と言うのは濡れ衣と怒り心頭。

なぜ配置換えか上司に理由を問い質し記録すること、弁護団も対応するから落ち着ついて行動すること、提訴のコメントで「現職で裁判を行なうことがどれだけ難しく、また、どれだけ大変かは理解しているつもりです」と啖呵を切ったのだから頑張れ、とアドバイスしたところです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《関連記事》

☆女性自衛隊員が国を提訴=「セクハラ被害で苦痛」−札幌地裁 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000135-jij-soci

http://www.asyura2.com/07/war91/msg/994.html

女性隊員は被害を男性上司に相談したが、外出許可を受けられなくなり、退職願を出すよう迫られた。

☆女性空士長 同僚のわいせつ行為で国家賠償提訴 北海道 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000005-mai-soci

http://www.asyura2.com/07/war91/msg/999.html 

上司に被害を訴えたところ、「ここまでこじれたら、自衛隊ではやっていけないんだよ」などと言われたうえ、退職を強要された。



活性水素水 500ml*24本


posted by はなゆー at 06:57| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道・佐藤博文と言います。私と同じ名字の方がいるんですねぇexclamation&questionわーい(嬉しい顔)
Posted by 佐藤博文 at 2008年02月29日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。