2007年05月17日

〔辺野古〕「WWFジャパン」が防衛大臣などに抗議する声明を発表

「WWFジャパン」

http://www.wwf.or.jp/

は世界最大の民間自然保護団体「世界自然保護基金」の日本支部である。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/dugong/news/20070514.htm

WWFジャパンは5月14日、防衛省に対し抗議の声明を送りました。この声明は、沖縄島東海岸の辺野古・大浦湾に広がる、絶滅危機種ジュゴンの生息域の保全を求め、防衛省の環境影響評価法に対する不法行為に対し抗議するものです。
 
防衛省の不法行為に抗議!

WWFジャパンは、5月14日午後、防衛大臣、防衛施設庁長官、那覇防衛施設局局長の三者あてに、抗議声明を郵送しました。

防衛省は現在、沖縄島東海岸の辺野古・大浦湾で、環境現況調査(事前調査)を実施し、さらに海上自衛隊の掃海母艦を沖縄に派遣して、この調査を支援しようとしています。

今回の声明は、この海域に広がるジュゴンの生息域の保全を改めて求めるとともに、防衛省の環境影響評価法に対する不法行為に対し抗議するものです。

http://www.wwf.or.jp/news/press/2007/p07051401.htm

環境影響評価法に対する防衛省の不法行為に強く抗議する

意見書  2007年5月14日

防衛省は、環境影響評価法を無視して辺野古・大浦湾の環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている。さらには、海上自衛隊の掃海母艦を沖縄に派遣して同調査を支援するとのことである。

WWFジャパンは、辺野古・大浦湾海域のジュゴン生息域の保全、環境影響評価法の適正な実行という観点から、防衛省の環境影響評価法に対する不法行為ならびに海上自衛隊艦船と隊員の派遣に強く抗議する。

1. 防衛省は、環境アセスメント手続きに入る前に、環境現況調査(事前調査)を実施しようとしている。しかし、法律にもとづき適正な手続きに従って進められなければ、科学的で開かれた環境アセスメントにはならない。非公開で現況調査を実施してしまい、その後に、順番を違えて方法書を作成し、事前の現況調査結果をもって準備書、評価書を作成するやり方は、環境アセスメントの形骸化であり、環境影響評価法の精神をないがしろにする不法行為である。

2. 自然環境や野生生物を調査し、開発による影響を予測し評価するためには、方法書段階で専門家や環境団体、住民等の意見を求め、調査対象に影響が少ない方法を採用しなければならない。しかし、この環境現況調査は非公開であり、調査内容や使用器具に関しては、調査方法の妥当性、器具の影響等について判断することが困難ない状況にある。そのため、この事前調査が環境や生物に影響を与えてしまった場合、後の環境アセスメントは不正確な調査にならざるを得ず、信頼がおけないものになってしまう。

3.  このような不法な調査に、海上自衛隊の艦船と隊員を派遣し、威圧的に調査を実施してしまうやり方は、到底、民主的な政府のやることではない。防衛省は、海上自衛隊艦船の派遣と環境現況調査を中止して、合法的で適正な環境アセスメント手続きを取るべきである。

以上

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◆ 英文版の抗議文 ◆

A Statement of Remonstration against the breach of the Environmental Impact Assessment Law by the Japanese Ministry of Defense

WWF-Japan

The Ministry of Defense is planning to execute a preliminary survey of the Henoko and Ooura bay, an act which runs against the Japanese Environmental Impact Assessment Law. Moreover, the Ministry is preparing to dispatch a minesweeper tender to Okinawa to aid in the survey. WWF-Japan strongly opposes this breach of the environmental impact assessment law as well as the action of dispatching a minesweeper tender; WWF-Japan works towards the environmental conservation of the Henoko and Ooura bay, critical habitats for the Okinawan dugong. WWF-Japan hopes to maintain the environmental impact assessment law.

1. The Ministry of Defense plans to execute a preliminary survey before
processing the Environmental Impact Assessment. However, this will not be a precise or open environmental assessment, since the appropriate law-abiding procedures will not be/ have not been conducted. By surveying in chambers and not creating a methodological document of the survey as part of the preparatory court pleading and drafting of the evaluation document, the Ministry merely upholds a facade of the Environmental Impact Assessment and disregards the central meaning of the Environmental Impact Assessment Law, tantamount to tort.

2. In order to survey the environment and wildlife to predict and evaluate the impact cause by such a development, it is essential to consult experts, environmental protection agencies, and local residents in order to ascertain the best methods to adopt, causing the minimum amount of impact on the surveyed environment. However, since the Ministry's action is non-disclosure, it is difficult to assess the validity of its investigative methods, as well as the possible influence
of the instruments and devices it deploys. Therefore if this preliminary survey affects the environment, later Environmental Impact Assessments inevitably become inaccurate and unreliable.

3. To dispatch members and a Maritime Self-Defense Force warship to execute a survey coercively is not the action of a democratic government. The Ministry of Defense should abandon the plan to dispatch a minesweeper tender and to carry out a irrelevant preliminary survey, and should instead go through the proper legal procedures pertaining to the Environmental Impact Assessment.

posted by はなゆー at 17:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック