2007年05月19日

きっこの日記「私用で自衛隊を使う最高司令官」

☆私用で自衛隊を使う最高司令官(きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20070519

コメント:沖縄県の離島に住んでいる者です。きっこの日記、興味のある部分だけ読ませてもらってます。米軍基地があるための、沖縄県民に対する日本政府の「アメとムチ」の「アメ」は、他にもあります。一例として、サトウキビ農家に対する政府の補助金があります。もともとサトウキビは1トンあたり4000円程度にしかなりませんが、それに対して政府が1万6千円もの補助金を出してくれるため、1トンが2万円以上になります。そのため、森林を伐採してサトウキビ畑にする土地改良工事と言う、赤土をむき出しにする土地改悪工事を基地のない離島でまで行なっています。この赤土が雨季には海に流れ出してサンゴを殺しています。赤土と一緒に当然農薬、化学肥料も海に流れますので、他の海洋生物も汚染しています。数年前までサンゴ礁の内側にいたタコ、ニシキエビ、アオリイカなども、次々にいなくなってしまいました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

《おまけ》

▼ 沖縄戦を戦った海軍陸戦隊の大田実少将が自決直前に、大本営の海軍次官あてに打った電報「沖縄県民かく戦へり 県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを」の口語訳▼

沖縄県民の実情に関しては県知事より報告すべきことであるが、県にはすでに通信能力がなく、第32軍司令部、又通信できないため、本職、県知事の依頼を受けたものではないけれど、現状を見過ごすことができず、知事に代わって緊急御通知申し上げる。

沖縄本島が敵に攻略されはじめて、陸海軍は防衛戦に専念せざるを得なく、県民に関してはほとんど顧みることができなかった。しかし、本職が知る範囲においては、県民は青壮年の全部が防衛のための召集に応募し、残された老幼婦女子は相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産の全部を失い、わずかに身を以って軍の作戦に差し支えない場所の小防空壕に避難、なお、砲爆撃下‥‥(判別不能)風雨にさらされながら乏しい生活に甘んじている。

しかも若い婦人は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦のなかには、砲弾運び、挺身斬り込み隊すら申し出るものがある。

また敵が来れば老人子供は殺され、婦女子は後方に運び去られて毒牙にかかるといって、親子生き別れ、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。

看護婦に至っては軍移動に際し、衛生兵が出発したため身寄り無い重傷者を助けて‥‥(判別不能)(それは)真面目にして一時の感情にかられたものとは思われない。

さらに軍に於いて作戦の大転換あるや、自給自足、夜の中にはるかに遠隔地方の住民地区を指定されたため、輸送手段が無のことから、黙々として雨中を移動している。

これは、要するに陸海軍沖縄に進駐以来、終始一貫勤労奉仕、物資節約を強要せられたにもかかわらず、ただひたすら、日本人としてのご奉公の念を胸に抱いたまま遂に‥‥(判別不能)ことなくして本戦闘の末期と沖縄島は実情形‥‥(判別不能)一木一草焦土と化している。食糧は6月一杯しかもたない状況という。

沖縄県民はこのように戦った。

県民に対し、後世(注:「のちのちまで」の意と解釈するのが妥当なように思われる)、特別のご配慮をしていただくことを願う。

▼ 沖縄戦関係資料閲覧室 沖縄県民斯く戦えリ ▼

http://www.okinawa-sen.or.jp/050707/index.html

この圧倒的な米軍を前に海軍部隊は包囲され、玉砕が目前に迫った6月6日、大田少将は海軍次官宛に電報を打ちます。それは沖縄県民の献身的な作戦協力について述べ、後世にわたる沖縄県民に対する国の配慮を訴えたものでした。県民の多くを戦闘の巻き添えにし、痛ましい犠牲を払わされた県民を思っての電文です。

posted by はなゆー at 08:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「いいのですか?ジュゴンの未来は、あなた達の未来かも、」バナーです。色々なアプローチで色々な人とつながりたいですね。
Excerpt:  こんなことくらいしかできないSOBAです。でも、政治ブログと言うのは言葉や情報
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2007-05-19 19:20