2007年05月21日

「辺野古の反対派が殺人未遂」とのネガティブ・キャンペーン始まる

☆普天間移設、海自支援で調査機器設置…名護沿岸海域 (19日の読売新聞・九州版)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okinawa/news008.htm

http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/964.html

この日午後、海中で作業をしていたダイバーが、タンクからの空気を吸うため口にくわえたレギュレーターを反対派とみられるダイバーから外されたことが分かり、第11管区海上保安本部(那覇)が捜査している。けがはなかった。

☆辺野古海域調査/サンゴ着床具 大半設置 海自作業は終了か (20日の沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200705201300_01.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/963.html

作業には、海上保安庁の潜水士も参加。十八日終了後、作業に当たった潜水士が「反対派のダイバーから、水中でレギュレーターを外された」とトラブルを訴えたため、反対派のダイバーの動きを警戒していたとみられる。反対派市民団体は「事実関係がはっきりしていない」と反発している。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これに対する、南洋のヤップ(ミクロネシア)在住のダイビングの練達者の見解

         ↓

☆辺野古 ネガティブ・キャンペーンをぶっ飛ばそう (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)

http://suyap.exblog.jp/5616907/

http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/963.html

は、は、は、これ、大嘘じゃん。

まず、辺野古で「事前調査」に反対している人たちは、徹底して非暴力で行動している。

それに、あの海上保安庁の「海猿」(保安庁ダイバーのこと)たるものがレギュレーター(圧力調節具:ダイバーはそのホースの一端の器具から呼吸する)をはずされたくらいで慌てたとしたら、恥ずかしくて海猿やってられないよ。そんなスキルじゃ海猿どころか、ダイビングのインストラクターだって失格だ。また、作業は必ずチームでやってるはずだから、屈強の海猿の数のほうが断然多かったはず。

これは、あきらかに海上自衛隊の出動を正当化するための、意図的なデマです。

そんな目にあったと訴えている海猿がいるなら、堂々とみんなの前でしゃべりなさい。

何日の、何時に、どこの地点で、何の作業中に、どういう状況で何をやられたか、公衆の面前で訴えなさい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

辺野古の反対者サイドからの声

            ↓

☆5/20の情報 (おおかな通信)

http://henoko.jp/fromhenoko/2007/05/21_000391.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/965.html

しかし、あまりにも力の差が激しい。阻止行動のメンバーが張り付いている船の作業は阻止できても、別の船団が着実に作業を進めてしまう。海上保安庁の妨害も激しい。船体にヒビが入るほど激しく、こちらの船に体当たりしてくる。

カヌーがしがみついている船の船長に、保安庁が「走り出せばカヌーははがれるから動きなさい」と指示する。人やカヌーがしがみついている船が走りまわる。海底では、資材にしがみついている仲間のダイバーが蹴られたり、タンクをはずされたりする。

海底での攻防が激しいことを知った保安庁は、「海猿」と呼ばれるダイバー4名を海中に投じるが、施設局の船とこちらの船は、飛び込んだと思ったら、船に上がり、移動し、飛び込みの連続で、これにはついていけず、まったく役に立たなかった。

米軍再編は、自衛隊が米軍の指揮下に入ることだと分かっていたが、海上保安庁までもが米軍の指揮下に入るとは思っていなかった。

「あなた達は、海と人の命を守りたくて保安庁に入ったのでしょう。一緒に海と人の命を守りましょう」と保安庁に声をかけ続けたが、石のように冷たい表情で彼らは体当たりを続けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海中での調査を止めるため、市民ダイバー達は海底に徹底非暴力を貫きしがみついてきました。そのため彼ら、彼女らは殴る蹴るの暴行に晒されています。更にダイバー達はサンゴに鉄槌で杭を打ち込もうとするその鋭利な先端に自らの手のひらを指しだし、ギリギリのところで止めてきたのです。

また、強大なエンジンを持つ海上保安庁が激しく船をぶつけてくるため、船上の仲間は彼らが激突させようとしているまさにその場所に、手を被せて自分たちの船を守り続けました。

その一方、施設局は予想通りネガティブキャンペーンを始めました。曰わく非暴力で海底に座り込んでいるダイバー達がレギュレーターをはずしたとのことです。マスコミもそう主張されれば記事にせざるを得ないのでしょう。実際には、わたし達カヌー隊は、ダイバーの頭上にゴムボートを走らせる保安庁から仲間を守るため、海面上を何とか確保しな がらシュノーケリングを行い、海底で繰り広げられる施設局のダイバーによる一方的な暴行をつぶさに見、その暴行を止めることができない自分たちが悔しく、悲しく、なにより仲間の命が心配でたまりませんでした。

久間防衛「相」があたかも過激な「反対派」が強硬な阻止行動を行っていると語っている中身はご存知の通り「辺野古沖にその陰を見せた巨大な海上掃海母艦ぶんごや辺野古の海を囲み、埋め尽くすように展開する海上保安庁の大型巡視艇や大量の小型船、ゴムボート、ランチ、施設局の調査船や屈強なプロダイバー達にくらべると、蟻ほどの力もない貧弱なカヌーと体力を使い果たしヘトヘトの市民」です。

その市民が、金城祐治さんの「平和は守るものではなく育て、つくり出していくものだと市民や国民が気付き、展望を開かなければならない」「今やらなければいつやるのか!!今がその時だ!!」「過酷な闘いはまだ続くだろうが、今へこたれたら、沖縄に後はない。厳しい現状は最大のチャンスでもある」「一本一本、木を植えていく闘い。それが育ち大木となり、森となり、基地建設を阻む」という言葉を受け継ぎ、平和を創り出すための徹底非暴力のもと、ベトナム戦争当時から米軍が計画していた原子力空母が接岸可能な港と2本の滑走路を持つ戦後最強の基地建設を止めようとしているのです。

どうか皆さん、辺野古から平和を創り出す市民として一緒に歩き始めませんか。みなさんの参加と行動を待っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上

伊藤英明さん主演で有名になった「海猿」の方々はいったい何から何を守ったのでしょうか。迅速な行動を見せつけて、市民を愚弄するために日々厳しい訓練を積んでいるのでしょうか。市民の船に体当たりするのが仕事なのでしょうか。船にはひびが入り、それ以上ぶつけられないように阻止行動のメンバーたちは手や足を船の外に出して抵抗しました。それでやっとぶつけることをやめたようですが、ドキュメントや映画で見せた人命救助の心はどこかに置き忘れて来てしまったのでしょうか。平和を創るための運動に関わる人たちは「人間」とは見てもらえないのでしょうか。そして海上自衛隊の方々はいったい何から何を守ったのでしょうか。

機材はほとんど設置されてしまいましたが、まだあまり生態についても分かっていない野生のジュゴンのために時間をかけて丁寧な調査をするのでしょうか。ジュゴンは国際保護動物であると同時に、環境省が絶滅危惧種に指定しようとしている矢先の作業強行です。機材を設置して海の環境を荒らした事でジュゴンは生きる場を失ってしまったかもしれません。珊瑚礁にも影響が出るのではないかと懸念されます。そうなると何のための調査なのか本末転倒の結果を導き出しかねません。もっとも「ジュゴンは確認出来ませんでした。珊瑚への影響は微少です」という結論を導き出すための事前調査でしょうから、国としては次なる段階「環境アセスメント」への道筋を整えたということに満足しているのでしようか。

しかしこんな仕打ちを受けたにもかかわらず、ジュゴンが戻って来たらどうするのでしょうか。今や貴重な沖縄の珊瑚の大産卵が確認されたらどうするのでしょうか。辺野古の海が大切な場所である事が確認されたら守ってくれるのでしょうか。しかしこれらが確認されたとしても「無かった事にしろ」という命令の元で「大嘘」の調査報告を業者は出すのでしょうか。残念ながらそのくらいの事はやると思います。そして米軍再編法案の採決を急いだとすれば、環境アセスメントでさえ蔑ろにされる可能性も否定出来ません。国は一日も早く辺野古の海を赤土や岩や石で埋め尽くしたいのですから。それに埋め立てるにはそれらの土砂が大量に必要になるはずです。またもや沖縄のどこかの自然を大破壊して埋め立てのための土などを確保するはずです。ここまで沖縄を蔑ろにするのは、沖縄戦の時の艦砲射撃以来ではないでしょうか。

さて、以下はあくまでも現場との情報確認での想像ではありますが、気になることがあります。報道では作業船に海上自衛隊員が導入されたと言われていますが、実はそれは違うのではないかという声が現場から上がっています。阻止行動のメンバーによれば、海上自衛隊導入が言われ出してから、海上保安庁の船の操作テクニックが明らかに上手くなっていたそうです。また乗っている隊員の体格がそれまでと全く違ったそうです。明らかに荒っぽく強硬になったそうです。それに海上自衛隊が導入されていたと言われる作業員たちは以前の阻止行動で見た事のある人たちだったようです。つまり皆業者の人たちです。

これは希望的観測でもありますが、昨日の書き込みで私は「人を信じきる」と明言しましたのであえて書かせていただきます。仮にも人命救助に携わる海上保安庁の人たちが「市民の船に船をぶつける」という危険行為を強行するでしょうか。カヌー隊の人たちがしがみついている船を人命を危険にさらしてまでスピードアップさせて振り払おうとするでしょうか。海上保安庁も警察であるからには取り締まりも行ないますが、それはあくまでも人命優先のための行動だと思います。

結論めいたことを言えば、「海上自衛隊の隊員は海上保安庁の振りをして警戒船に乗り込んでいたのではないか」ということです。これは実際に体当たりを受け、作業強行を目の当たりにした人たちの印象です。事実関係は分かりませんが、もし事実だとしたならば防衛「省」のやり方の薄汚さに気分が悪くなります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

《私も論評しておこう》

★現場で映像(動画)を撮影して、体当りされたところをビデオにおさめて、その証拠動画をユーチューブなどにアップし、世界中の人に見てもらう。そのような「レギュレーターをはずしたはずさないの水掛け論、あるいはネガティブ・キャンペーンの封じ込め策」を、辺野古の反対派は採用しなかった(あるいは採用したくても諸事情により採用できなかった)。この点が辺野古の反対派の力、もしくは戦略の限界を感じさせる。辺野古のインターネット事情=インターネット環境の悪さを考慮しても、なおそう思う。

★要するに、現地・辺野古の最新状況をおさめた動画を、立て続けにユーチューブなどにアップしなかった(あるいは、したくてもできなかった)。そのために、世論(国際世論を含む)を喚起する力が弱かった。これがかなり痛かった。「文明の利器」であるユーチューブを活用しない運動の限界を感じさせた一件である。





posted by はなゆー at 07:26| ☁| Comment(14) | TrackBack(2) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はこの「殺人未遂」デマはこれでもう2度目で、前回は辺野古沖滑走路案の調査の時でして、逆に反対派に対して暴力を振るいながら、デッチ上げるデマだけはイケ図々しいのも、前回同様です。
後やはり思い出されるネガティブ・キャンペーンと言えば最近の、現長崎市長を保守派だの暗殺犯との繋がりが有って殺人者だなどと、ネット右翼が騒いでいた件ですか。
大概真逆が正解で、馬脚を現す方へ指向するのが当人達のレベルを表現していますが…。
Posted by 田仁 at 2007年05月21日 12:49
反対活動の人は上記されている様に証拠を録画しておくべきだね。
そのようにすれば第3者が客観的に意見を述べる事ができる。
まぁ私は環境保護はされるべきだと思いますが最近環境保護活動が過激過ぎと思う時もありますよ。必死なのはわかりますが。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます
ということですが反対意見は削除といことでしょうか?
Posted by 通りがかり at 2007年05月22日 00:04
確かに捏造も疑うべきですね。
Posted by No.天 at 2007年05月22日 00:33
私は沖縄 辺野古での基地建設を止めるために行動している人達を信じています。
それは、行動をしている人達が非暴力を誓い合って行動しているからです。
その背景に関しては
http://atsukoba.seesaa.net/article/40829158.html
でも書きました。

それはさておき、事実関係の指摘だけさせてください。

----------------------------------------------------ここから引用----
あの海上保安庁の「海猿」(保安庁ダイバーのこと)たるものがレギュレーター(圧力調節具:ダイバーはそのホースの一端の器具から呼吸する)をはずされたくらいで慌てたとしたら、恥ずかしくて海猿やってられないよ。
-----------------------------------------------------引用ここまで---

元のブログでもフォローしておきましたが、「レギュレーターを外された」と主張しているのは、海上保安庁のダイバーではなく「防衛施設庁が委託した調査会社の男性ダイバー」だと思います。

琉球新報の記事
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23868-storytopic-1.html
によると、
18日に
----------------------------------------------------ここから引用----
防衛施設庁が委託した調査会社の男性ダイバーから海底での作業中に反対派との接触でおぼれかけたとの訴えがあったして、第11管区海上保安本部が
(中略)
任意の事情聴取を求めた。
-----------------------------------------------------引用ここまで---
とあります。

その後、
沖縄タイムスの報道で
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200705201300_01.html
20日には、
----------------------------------------------------ここから引用----
作業には、海上保安庁の潜水士も参加。
(中略)
作業に当たった潜水士が
(中略)
トラブルを訴えたため、反対派のダイバーの動きを警戒していたとみられる。
-----------------------------------------------------引用ここまで---
となっています。

ですので、「レギュレーターをはずされた」と主張しているのは「防衛施設庁が委託した調査会社の男性ダイバー」であって、海上保安庁の「海猿」(保安庁ダイバーのこと)ではないでしょう。

この問題については水中という密室のようなところで起きたという事もあって、事実関係を把握するのはなかなか難しいと思います。

私個人は現場を見ていませんので、どのような断言も不可能です。
しかし私は、毎日、厳しい行動をする中で、非暴力を貫く事を日々確認しあって行動している人達を信じています。

以下に書いています。
http://atsukoba.seesaa.net/article/42430949.html

トラックバックもさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

Posted by あつこば at 2007年05月22日 00:54
はじめまして♪時々おじゃましています。非戦さんからの情報を転載してTBさせてもらいました。メディアの関係者は本来の役割をはたしてプライドある仕事をしてほしいですよね♪
Posted by あずーる at 2007年05月22日 00:57
機材にしがみついたりカヌーで押しかけたりするのは暴力ではないのでしょうか?
作業を差し止めたいのなら、このような実力行使ではなく、あくまでも法と秩序にのっとって行うべきだと思います。
民主主義的観点に立てば、基地に反対している人だけでは無いのですよ。それらの人を「環境問題に疎い愚民」とでも切り捨てますか?
あえて言わせて頂けば、サンゴやジュゴンよりも安全保障を優先して欲しい人も居る事をお忘れなく。
Posted by 夕焼け at 2007年05月22日 15:12
たとえデマだった、としても「機材にしがみついたりカヌーで押しかけたりする暴力的デモ」をやった時点で相手にそういう広報を許す隙を与えたと言うこと。

特に今はそういう「デマ」があっという間にネットで広がるご時世。
反戦派や環境保護派、特に反戦派は脇が甘すぎるよ。

俺たちは絶対正しいんだ〜〜と大声で叫ぶだけでは通用せんよ。

Posted by わかってないね at 2007年05月23日 03:20
前回、余りにも防衛施設庁側のお雇い民間人が反対派に振るう暴力が酷く命の危険があった為、以降は反対派に弁護士が同道するよう改善されたのでした。
「苛められる方が悪いんだ」式の、強者の理論はお気楽でしょうが、ヤラレる方は当然必死に、死なないで済む防御策を考えますよ…。
ま、沖縄密約の素っ破抜きにキャンダルでっち上げ以来の、延々と続く「歴史」ではあります。
Posted by 田仁 at 2007年05月23日 13:20
少なくとも田仁と言う人はすぐ上二人の言ってること全く理解してないね。

そんな態度ややり方じゃ「中立派」や「基地賛成派」などの「その他大勢の国民」の共感を得られる確率が極めて低いから、運動が成功しないって言われてるんだよ。

活動家の身の安全は論点じゃないの。

だいたい体制をひっくり返そうってのに
(日米安保に反対して実力行使で基地造らせないようにするってこととはそういうことだろ。判ってるとと思うけど、日米安保とか米軍基地って体制の大黒柱だよ)、
自分の命を惜しんでて成功するはず無いだろ。

ガンジー、天安門、血の日曜事件みてみろ。
フランス革命でもアメリカ独立でも良いぞ。

安全確保した上での「活動」ってのがそもそもナンセス。当局の手のひらで踊ってる遊び以外何物でもない。


ちゃんと法律守ってデモや署名でもしてなさい。

その主張が真っ当なら多数の国民が支持してくれて議員さんも政治家もアメリカも無視できなくなって、勝手に基地が無くなるか縮小するから。

デモや署名で支持が集まらないということは、
主張そのものが多数の国民が支持してないってこと。


Posted by ホントに判ってないね at 2007年05月24日 00:20
やはり国側のデマだったようですね
Posted by 乙 at 2007年05月24日 12:07
判ってないのはどっちなんだろうか。きちんと報道すれば、それなりの支持は得られるはず。マスコミがそれをしないから実力行使しかないわけでしょ。それほど皆バカじゃないよ。

国のやらせは、今に始まった事じゃないんだから。
Posted by M at 2007年05月25日 01:04
「わかってない」のがレッテル貼りで応戦ですか。

>きちんと報道すれば、それなりの支持は得られるはず。マスコミがそれをしないから実力行使しかないわけでしょ。それほど皆バカじゃないよ。

>国のやらせは、今に始まった事じゃないんだから。

結局、「国がやらせ」「マスコミ様が報道してくれない」から自分たちがみんなに判ってもらえない、ですか?

他力本願も良いとこですな。あなた方は「国がやろうとしてること」をひっくり返そうってしてるんですよ?

民衆は「国の指導」や「マスコミの中立的報道」をみてガンジーや天安門の学生に共感したんですかね?
違うでしょ。


「自分たちは判ってて、馬鹿な民衆は国やマスコミに騙されてる」って思うこと自体民衆を馬鹿にしすぎ。

賢ければ、「国のやらせ」「マスコミの偏向報道」ぐらいすぐ逆手にとれるはずですよ。できないのは「基地反対派」が敵より無能だから。

だから国に逆手に取られて「辺野古の反対派が殺人未遂」とのネガティブ・キャンペーンやられちゃうんでしょ。

普通の人は無能と有能を比べたら有能な方についていきます。


Posted by 上の一人 at 2007年05月25日 15:32
もし仮にネガティブ・キャンペーンが一定の広がりを持ったら、その時点で然るべき法的な対抗手段を取られる事でしょうね、あの牧師さんはシッカリされた方だから。
暴力を煽る嗜好性を持つ人は、暴力が好きなんでしょう、きっと。
特に国家権力を絶対視して、民主的手段に則った市民による是正を認めない所など、確実にお里が知れます。
ま、水中のビデオ撮影が、特にダイバーの人手藻足りない時に如何に困難か?はさて置き…。
Posted by 田仁 at 2007年05月27日 15:32
 >レギュレーター外されたくらいで

 自分が何を言ってるのか、解っているの?
 「語るに落ちる」って、まさに(以下略)。
Posted by KY at 2007年12月16日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

沖縄で何が起きているか?
Excerpt: 5月16日記事の追記その3です。向こうに追記するのが筋かもしれないけど、既に二度ほど追記したので新エントリに。 先日追記2で、自衛隊と反対派の衝突のようなニュースが入った件を報告しましたが、その件に..
Weblog: こころはどこにゆくのか?
Tracked: 2007-05-21 23:37

何のための環境アセスメント?、海猿、御用メディア・・・
Excerpt: <p> げーーーーーーーっ、もうサンゴが壊されている?!<br /> <br /> 琉球朝日放送によると、沖縄防衛施設局が19日と20日に<br /> 機材を設置した場所でサンゴの損傷が確認されたとのこと。 <br />
Weblog: billabong
Tracked: 2007-05-22 00:56