2007年05月22日

草莽決起の提言「ネット新党から“天木直人立てる” はどうでしょう?」

阿修羅掲示板の常連である「秋吉悠加」氏の構想。

私としては、硬骨の人である天木直人氏

http://www.amakiblog.com/blog/

と、環境問題および平和問題のエキスパートである「きくちゆみ」氏

http://kikuchiyumi.blogspot.com/

の擁立にもちろん異存はない。

ただし、もう一人候補をノミネートするのであれば、その場合には、神がかり的な情報収集・分析能力を持つ「カマヤン」氏

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/

が最善の選択であると思う。

また、党名もしくはプロジェクト名は「風のふるさと」が、なんとなく良さそうな気がする。

           ↓

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

「ネット新党から「天木直人立てる」 はどうでしょう。新しい時代実現に向う「候補者の立て方について」とは

http://www.asyura2.com/07/dispute25/msg/643.html

投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 5 月 22 日 20:18:39


1)★◎新しい時代実現に向う候補者の立て方とは

「9条を守る・護憲について」は、国民が勉強して必ず目める課題です。
目覚める事は、日本の実力です。戦争のない時代へ進むにあたって
(日本が世界をリードする必要に当面しても)今回の参議院選挙ではまだ
争点には育ってもいません。9条を守るは次回に行われる選挙では、米従属ではない日本の本来の姿勢を示す政権選択の場で権力の質を問う力のある争点に成長すると考えます。

戦争の無い時代を目指し、また世界に影響力を及ぼしていく為にも
9条を守って、 日本国民の立場を強める事は、野党側を強くする事であり、

政権党の誤り(米隷属姿勢)の是正を迫ったり、イラクへの派兵反対にも
効果が上げられるし、本物の政権選択に向けても効果が持続するでしょう。

-------------------------------------------

<天木 直人>

私はつくづく思うのであるが、日本の将来と日本国民の幸福を真剣に考えた時、いや世界の国々にとってもそうだ、米国の言いなりになることなく、憲法9条を大切にして平和国家に徹すること、これ程正しい事はない。誰がこれを否定できるのだろうか。
要するに憲法9条を変えようとしたり、対米追従を正しいと唱えるものは、
保守主義とかなんとか言う以前に、自分の事しか考えない者たちだ。
少なくとも日本国、日本国民のためになることなど、本気で考えているはずはない。

http://www.amakiblog.com/archives/2007/05/11/#000374

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

候補者の立て方(新しい時代実現の為の活動)

その1.(候補者を立てる)

□勝つ為には、選挙民の心を大切にしなければならない。

□行動(投票を)すれば勝てるんだという希望を与える必要がある。

・・・(<投票率を上げるにも、以上の二つは重要な要素です>)・・・

政策が良くても、候補者の都合が優先では有権者は受け入れない。

◎ その意味で選挙活動は、日頃の活動とは違うということ。
日頃の信念や政策目標を有権者に訴えるだけでは選挙にならない。

勝った = 平素より力が増した。相手と対等になった。逆転して勝った。
闘った結果として、何れも程度の違いはあれ「勝った」 に入るでしょう。
(国民サイドが力を付ける為に)闘うのなら、勝たなければ意味が無い。
その為にも、行動(投票を)すれば、勝ちに繋がる選挙をしてほしい。

候補者の立て方で、国民サイド野党側の力が増すのか、弱まるかが
決ってしまう。候補者の乱立の時点で勝敗は決ってしまうでしょう。

その2.(状況を読む)

巨大自公政権に対抗する8割国民の戦いに於いては
候補者の乱立が、最大のマイナス要因になでしょう。

☆【従来の野党側の総合力だけでは、戦うのに力不足のようであり、
裾野を広げている分野も、独立して戦えば自公に対する乱立になる】

国民に希望をもって頂く投票が可能となるように、候補者の調整という
前段階の活動が重要な時と考えます。

8割,国民サイドは乱立を避けたいですね。民主党は
共産党を見習って、全選挙区に候補を立てるという 自己中心の愚を、
マネしないよう、場をわきまえて、他の少数政党への思いやりを忘れない
よう頼みます。少数党も国民の心を正確に代弁している政党ですから
配慮した対応が出来るなら、民主党への社会的信頼も高める事に繋がり
ます。自己中心の活動は、国民野党サイドの力を弱める原因になります。

その3.(具体的にどうするか)

社民党・民主党・国民新党との間の野党側の連携を
これまで通り(以上)に強化進展させましょう。(以下、社民国と略します。)

共産党については、これまで通りとする。(体制の誤り批判は正確なので)
共については、(経験上、全地域に候補を擁立する党と認識するしかなく)
この姿を現実として受け入れ、それに対応していくしかないでしょう。

☆【従来の野党側の総合力だけでなく、裾野を広げるネット分野と連携し】
◎両,分野が国民側の総合力となれば、前向きな戦いが可能になるでしょう。

新しい時代作りに繋がる国民サイドからの応援団として、
略 【ネット新党 「風」】
(現在の進行状態ですが、詳しくはインターネット上の)
ネット9条新党 「風のふるさと(仮)」。
& ネット護憲新党「風薫るふるさと〈仮)」
を元にして構想中として進められていますが

{共ー社・民・国に対する、プラス無党派の票を集めて野党側と連携する}
方針として、進めようとしているものです。

天木直人さん、きくちゆみさんを筆頭にネット中の実力者を撰んでいく
ので票が集まると思います。

野党政党側で候補者のいないところには、地域を指定して下されば、
適切な人材を送る事も、必要性があるなら手配が可能と考えます。

例として、ネット新党を
☆国民新党の比例区に入れていただく。国民新党は社・民と連携を強める
民主党でも要望があるなら、ネット新党 「風」 は連携すると思いますしが
天木直人氏は、イラク戦争や派兵に反対であるし、「9条を守る」立場であり米に追従しない日本の自立を考えていられる人物なので、
★民主党が、改憲を急ぎ米従属の姿勢を容認する立場として、自公に対し協力する方々が前線となっているのでは、民主党への応援は難しいかと思いますし、協力出来ない可能性が高くなります。

現実問題として、国民新党か,あるいは(日本の自立を目指す約束ができれば)民主党でも比例区に一名でも 「風」 が入ると、野党側に票が集まるでしょう。
天木さんはネットで立候補の意欲がありますので、単独よりは、野党側の力としても協力しあった方が、お互いの為と言うより、国民の為にも良いように思われますが、いかがでしょうか。

国民の全無党派層の風を、野党側に向けることが可能となれば
野党側へのバックアップにも繋がる裾野を広げた国民的運動がお
可能になでしょう。

民主党の姿勢が判らないので、とりあえず国民新党をバックアップして、国民新党が民主・社民と連携を強める。

しかし、民主党が9条を守り、米従属政権と妥協しない方針がはっきり
打ち出せるなら、協力連携する形もやぶさかではなく、(共)ー社国民と、一般市民の総合力で、国民野党側の力を一歩でも強めないと、8割国民に対して、政権党が三分の二以上の議席を占める異常さに太刀打ちできない状況が継続していくと考えます。

新しい時代からの応援として社会に提供する、ネット新党 [風」 を
有効に活用できたら国民サイドの政治力もアップすると思います。

2)★◎ネット新党から天木直人さんを国会議員に立てるとは

☆野党側を応援する国民無所属,超党派であり
どうにもならない、巨大,自公政権に立向かう為の
国民サイドの力となるよう、9条への思いも引受けて闘う。

自公政権 対 国民野党側。闘いが成立する為の
注意点。野党国民側は、乱立を避ける。この一点である。

☆選挙戦を、効果を上げる闘いにする為に
野党国民サイドの乱立を極力避けて
少しでも力を付けて行くような地道な戦いにしないと
国民野党側はいつまでも浮かばれず
腐敗した巨大権力,自公のやりたい放題の
米従属,米従軍の権力が、これでもかと続くだけである。

☆ここのところ、横暴を極める単独裁決が続々と可決され
強権を乱発している軍国的自公政権に対しては、
国民野党側の無力化が更に深刻化しているのである。

☆8割の国民に対して、2割の支配層が
国会では、三分の二以上の議席を占めている。
こんな異常事態続で、何かが狂ってしまっている。
このままでは、国民人類も終わってしまうしかない。

☆方向を新しい時代(理想の社会作り)に向けて
少しでも姿勢を正さない事には、人類生命は維持できない

☆新しい方向に向きをかえて、力をつけよう
時代を変えていく一歩となるような、選挙になるよう
努力が実りになるような闘いをして、国民に役立ちましょう。


〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜/~

総称、ネット新党。
ネット新党・「風」とは、
   ネット9条新党 「風のふるさと」
   ネット護憲新党 「風薫るふるさと」

以上を総称したもので
最も使いやすい,印象の良い呼称で
着地させましょう。

〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜

国民野党側の乱立は極力避けましょう。
ネット新党から、天木さん,きくちゆみさん

そして、勝手連やあらゆる運動,組織からの乱立をさけ
候補者を調整して、国民市民が選択しやすい候補者を
この二名に続いて推薦していく方向で
横に連携し、出たい人より国民が投票したい人を
(選抜する知識層の、時代を見据えた拡角度の眼で確認し)
この二名に続いて、推薦していけたら良いと考えますので
野党側の必要にも応えて順次メンバーを提供できるように。
準備をすすめて、野党政党の要求にも人材提供ができるよう
体制を更に整えていきたいと思います。

〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜

米によるイラクへの侵略戦争は誤まりだった。
日本が戦争を制止せねばならない立場だったのに
今ではアメリカの要請に応じて、イラクへの派兵まで
自公政府は行い、さらに正当化しょうと改憲を急ぐ。

自公政権は、米従属、軍事力体制、米軍基地への協力で
手一杯。国内政治政策は、小手先の辻褄あわせだけで
国民の安全はあらゆる面で総くずれ。経済格差は拡大の
一途を辿っているし、犯罪の質も政権による扱いに応えて
冷酷なものになり、権力の質に相応のものになっている。


自公巨大権力に対し、国民野党側が少しでも力を付けていく為に
「考えた選挙」を実践していく以外に方法はないだろうと思います。

新しい時代(理想の社会作り)に繋げるよう努力していきましょう。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

/~ *社会に能力を 自由に活かせる事は大切である。しかしその前に
        国民の生存権を保障する制度を確立しておかねばならない。

/~ *生存には基本的な生活資金が必要であるが、支配層の収奪で
        必要な所に必要な生活資金が回らなってしまった。
        年間3万人を越える自殺者を出している。日本の政治に
        格差是正の政治政策が必要であることは明らかでしょう。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

地方の格差是正の野党側政治力に合わせて、
その同じ政治力で国民の生存権、国民年金についても
増税という形をとらずに、政治力で実現しましょう
個々人では、仕事に追われて中々準備できないが、生活設計は、
国のサービスとして、野党国民側の政治力で実現しておきましょう。
国民から給料を貰っている政治家がこれ位の事を考え出せなくて
うしますか。(新時代担当者にはこれくらいの事は国民市民サイドに
立って、ものを考えるから簡単です)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

☆・☆この参議院選挙で、国民野党側の力が少しでも上向きに改善されたら能力社会の中でも、これ位の生命の基本は守られるよう確立しておきましょう。
そうでなければ、野蛮な生存競争のままであり、大人の社会とは言えません。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ネット新党から「天木直人立てる」はどうですか?

ネット新党から天木直人を国民野党側,政治家として、日本の
新時代への先導役として、日本の社会、参議院選挙に投入し
日本国民を忘れた、巨大自公米従属政権に立ち向かう為に
新しい風として、野党国民サイドに贈りこむ方針なのである。

協力しながら、やってみましょうよ
それぞれが、出来るところを引受ける
これからが本番、楽しく取り組んでみれたらいいね”


posted by はなゆー at 22:16| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日刊スポーツ5月24日の芸能・社会に、小さな見出しながら「天木直人氏が参議院出馬へ 「9条ネット」から」との記事が載ってました。

関係者によると天木氏は「普段は、政治と距離を置いてる人でも、憲法を変えたくないという人はたくさんいる。そんな人たちの声を吸い上げたい」と話しておられるそうです。
Posted by 豚婆 at 2007年05月24日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック