2007年05月23日

国連が指摘「日本の従軍慰安婦(性奴隷)に対する救済措置は不十分」

国連拷問禁止委員会は、日本政府の従軍慰安婦(性奴隷)に対する救済措置が不十分だと指摘した。

☆慰安婦:「日本の救済措置は不十分」=国連拷問禁止委 (朝鮮日報)

http://www.chosunonline.com/article/20070522000020

http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/121.html

報告書では、第2次世界大戦中に動員された従軍慰安婦の生存者を含む性暴力の被害者に対する日本の救済措置が不十分だと強調している。

また報告書では、日本政府が性暴力など差別的行為の根源に関する教育を実施し、被害者を積極的に救済するよう勧告している。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

報告書(日本文および英文)

    ↓

http://www.ohchr.org/english/bodies/cat/docs/AdvanceVersions/CAT.C.JPN.CO.1.doc

時効

12.本委員会は拷問と虐待同然の行為に時効適用が可能であることを懸念する。本委員会は拷問と虐待同然の行為に対する時効でこれらの犯罪の捜査、起訴そして処罰が妨げられるのではないかと懸念する。

特に本委員会は、時効に関連する理由で、第二次世界大戦中に軍事性奴隷被害者(いわゆる「慰安婦」)によって起こされた訴訟が棄却されたことを残念に思う。

締約国は自国の時効に関する規則・規定を調査し、条約に基づく義務と一致させるべきである。

その結果、拷問と虐待を構成する行為は、拷問の試みと拷問に共謀するいかなるものの行為を含めて、時間の制限なしで、調査し、起訴し、罰することができる。


23. 本委員会は、特に第二次世界大戦中の日本軍の性奴隷慣行の生存者を含む性的暴行の被害者への不充分な救済策と、性的暴行やジェンダーに基づいた条約違反を防ぐための有効な教育その他の対策を取ることを怠っていることを懸念する。

戦時虐待の生存者は国家代表によって「不治の傷」を負った認められてはいても、国家による事実の否定、他の事実の不開示隠蔽、の結果持続的な虐待および再損傷を経験します(原文ママ)、拷問行為を実行した犯罪行為の責任者の不起訴、および被害者と生存者に適切なリハビリテーションを提供しないことなどによって虐待と心的外傷を繰り返し体験することになる。

本委員会は、教育(条約第10条)および救済策(条約第14条)の両方がそれ自身条約に基づく締約国の義務のさらなる侵害を予防する手段であると考える。

繰り返される公式否認、起訴の怠慢、および適切なリハビリテーションを提供しないことなど全てが、拷問と虐待を防ぐという条約に基づく義務についての日本の不履行を構成している。

本委員会は、日本が性別とジェンダーに基づいた差別の根源に取り組む教育を実施するための手段を取り、非処罰防止手段を含む被害者のリハビリ手段を提供するように勧告する。




23. The Committee is concerned about the inadequate remedies for
the victims of sexual violence, including in particular survivors of
Japans’s military sexual slavery practices during the Second World
War and the failure to carry out effective educational and other
measures to prevent sexual-violence and gender-based breaches of the
Convention. The survivors of the wartime abuses, acknowledged by the
State Party representative to suffer ‘incurable wounds’, experience
continuing abuse and re-traumatization as a result of the State
party’s official denial of the facts, concealment or failure to
disclose other facts, failure to prosecute those criminally responsible
for acts of torture, and failure to provide adequate rehabilitation to
the victims and survivors.

The Committee considers that both education (article 10 of the
Convention) and remedial measures (article 14 of the Convention) are
themselves a means of preventing further violations of the State
party’s obligations in this respect under the Convention. Continuing
official denial, failure to prosecute, and failure to provide adequate
rehabilitation all contribute to a failure of the State party to meet
its obligations under the Convention to prevent torture and ill-treatment,
including through educational and rehabilitative measures. The
Committee recommends that the State party take measures to provide
education to address the discriminatory roots of sexual and gender-based
violations, and provide rehabilitative measures to the victims,
including steps to prevent impunity.

Statute of limitations

12. The Committee notes with concern that acts amounting to torture
and ill treatment are subject to a statute of limitations. The
Committee is concerned that the statute of limitations for acts
amounting to torture and ill treatment may prevent investigation,
prosecution and punishment of these grave crimes. In particular, the
Committee regrets the dismissal of cases filed by victims of military
sexual slavery during the Second World War, the so-called “comfort
women”, for reasons related to statutory limitations.

The State Party should review its rules and provisions on the statute
of limitations and bring them fully in line with its obligations under
the Convention, so that acts amounting to torture and ill treatment,
including attempts to commit torture and acts by any person which
constitute complicity or participation in torture, can be investigated,
prosecuted and punished without time limitations.

posted by はなゆー at 11:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック