2007年05月24日

衒学城奇譚「辺野古の軍艦」 

☆辺野古の軍艦 (衒学城奇譚)

http://ameblo.jp/seitennkyuu/entry-10034471608.html

調査隊は、調査船にしがみつく彼らを乱暴に引き剥がしていきます。
抗議船を転覆させます。

いずれも、命にかかわる危険な行為です。

(略)

なのに“国”は、彼らに“反対派”などと、あたかも妨害行為を好んでおこなう徒党であるかのようなレッテルを貼り、あまつさえ「調査をおこなっているダイバァのレギュレイタァを外した」(もちろんデマ)などと、人殺しまがいの行為をおこなう“集団”であるかのようにがなりたてます。

なんら武装していない、ほんの何十人かの人たちを恫喝するために“国”は“軍隊”を動かしたのです。

異常な行動です。

(略)

考えてみてください。

反対する人々は、たしかに“国”にとって都合が悪い人々かもしれません。
ですが彼らは“国民”です。

罪をおかしているワケでもない、ただの“国民”です。

“国”のやり方は間違っていると抗議をし、主張をしているだけの“国民”なのです。

ラベル:辺野古
posted by はなゆー at 07:37| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「逍遥録−衒学城奇譚−」をやっています発掘屋と云います。
取り上げていただき、ありがとうございました。
精力的に更新されているはなゆーさんの記事、度々拝見させていただいています。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 発掘屋 at 2007年05月24日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック