2007年06月07日

自衛隊情報保全隊の監視対象のジャーナリスト2名の緊急声明

☆自衛隊の内部文書についての緊急声明 (森住卓ホームページ)

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/201.html

http://www.morizumi-pj.com/

自衛隊のイラク派遣などに反対する市民団体やジャーナリストなどの自衛隊による監視調査が明らかになった。6月9日、日本共産党の志位委員長が記者会見で自衛隊の内部文書を入手し発表したものだ。

自衛隊情報保全隊が行っていた調査活動の「内部文書」の中には私の名前も何カ所か出てくる。日本全国で行われたイラク戦争関連写真展に関わる部分だ。

このような調査は国民の知る権利や思想信条の自由を真っ向から侵害するものであり、民主主義社会において許される行為ではない。自衛隊法にもない活動であり違法の疑いもある。

私がイラクの写真展で伝えたかったことはイラク戦争で誰が殺され、誰が犠牲になったのか?イラクで起こっている事実を多くの人に知っていただくために写真を貸し出している。

自衛隊の調査監視活動は、私の写真展の開催に無言の圧力となり、同時にジャーナリストの知らせる権利と市民の知る権利を奪うものだ。自由社会は意見が自由に言える社会である。しかし、この行為を許せば自由で民主的な社会から閉鎖的監視社会に拍車をかけることになる。

今日のイラクの混乱は国際社会のルールを無視した侵略戦争を行ったアメリカに責任がある。そして、その戦争を支持しイラクに自衛隊を派遣した日本政府にも重い責任がある。

自衛隊がイラク戦争に反対する市民やジャーナリストを監視する事は、イラク戦争が「自由と民主主義の実現」という大儀も無かったことを自ら証明している。イラク戦争に加担した責任をとらず逆に市民の活動を監視することは”天に向かってつばを吐く行為”であり、民主主義社会への挑戦である。

調査を行った情報保全隊とは「自衛隊の機密情報を守り、その漏洩を防止する」ことが本来の目的だ。市民やジャーナリストを監視する行為はその目的からも逸脱している。市民やジャーナリストの監視・調査に時間とエネルギーを使っていたから、隊内からイージス艦の最高機密が漏洩しても気づかなかったと言われても仕方ないであろう。

自衛隊は直ちに調査活動を中止し、調査の全容を明らかにし、その責任を明確にすべきである。

2007年6月9日
フォトジャーナリスト 森住 卓

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆シバレイも監視対象!自衛隊の国民監視に対する声明 (シバレイのblog)

http://reishiva.exblog.jp/6948563/

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/202.html

本日6日の日本共産党の志位委員長の記者会見で、自衛隊が市民団体やジャーナリスト、宗教団体などを対象に、監視・調査活動を行っていたことが明らかとなりました。

自衛隊関係者によってもたらされた内部資料は、全166ページにも及び、その中には、名前は伏せられていたものの、明らかに私と特定できる記述もありました。また、同時期にイラクで人道支援活動にあたっていたNGO関係者である友人達も監視対象になっていたのです。

今回の監視・調査、資料作成を行った、陸上自衛隊情報保全隊は、本来は自衛隊からの情報流出の監視・阻止が目的であり、自衛隊員以外の一般市民を監視する法的根拠はありません。ところが、TBSの報道によれば、防衛省側は非を認めるどころか、「防衛省設置法4条の『調査・研究』に基づく正当な行為だ」だと、開きなおっているようです。こうした防衛省側の姿勢に、私は強い怒りを感じます。旧日本軍において、軍内部の規律違反を取り締まる憲兵が、やがて国民を監視し、弾圧する存在となっていったことを、私達は忘れるべきではないでしょう。

私はジャーナリストとして、また、不当に監視対象となっていた一人として、防衛省に強く抗議したいと思います。これは、表現・言論の自由に対する、許しがたい侵害です。そして、教育基本法が改悪され、共謀罪の新設も議論されるなど、国民の心の内面まで、管理し罰しようという、日本の民主主義を脅かす一連の流れの中で出てきたものでもあるのでしょう。

防衛省は不当な監視・調査活動をただちに停止するべきです。そして、なぜこんな事をしていたのか、一体どこまで調べていたのか、情報を公開し、説明責任を果たすべきでしょう。

2007年6月9日 
ジャーナリスト 志葉 玲

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

★ジャーナリストによる国際的な非政府組織「国境なき記者団」(本部はパリ)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E8%A8%98%E8%80%85%E5%9B%A3

http://www.rsf.org/rubrique.php3?id_rubrique=20

も、遠からず、なんらかの公式声明を発表するものと思われる。

posted by はなゆー at 09:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック