2007年06月08日

白川勝彦・元自治相が「コムスン」と安倍首相(社労族)について言及

白川勝彦氏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B7%9D%E5%8B%9D%E5%BD%A6

は国家公安委員長をしたことがある人物。

☆白川勝彦:週刊誌と政治 = 永田町徒然草

http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=233

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/286.html

『週刊新潮』で政治評論家の小林吉弥氏は次のように述べている。

『政治の責任を問うなら、やはり平成8年以降を考えるべき。つまり、名寄せ作業をしてきたこの10年、とりわけその後半に、厚生委員会や自民党の社会部会に所属していた議員が、作業状況のチェックを怠っていたことの責任を問うべきなのです。その意味で真っ先に思い浮かぶのは、この10年に厚生委員会理事や社会部会長を務めてきた安倍首相その人です。

しかも安倍首相は、この10年間の7割を占める期間、森、小泉という
総裁が輩出し、政権を担ってきた派閥である清話会における社労族の
代表的存在なわけです。しかも、3年前の年金未納問題で年金制度
改革が焦点になった時には、自民党の幹事長でもあった。そう考えると、今回の問題における安倍首相の責任は、決して軽くはないと思います。』

(略)

私が1979年(昭和54年)に衆議院議員になった時に、すでに厚生省は省庁の中で最大の予算をもっている官庁であった。しかも福祉は選挙にも有利である。そういうところに利権がない筈がない。安倍議員が社労族になろうとしたのも、そういう理由があったのかも知れない。

「コムスン」はテレビCMなどで名前だけは知っていたが、この業界の最大手とは知らなかった。意外に安倍首相と親密だったのかもしれない……。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

《おまけ》

写真付き史料〜安倍晋三首相とグッドウィル総帥の折口雅博氏の対談。

コムスンの広報誌より。

http://www.comsn.co.jp/comsnpress/tsushin/ct-10/p-n10-6-11.html

http://megalodon.jp/?url=http://www.comsn.co.jp/comsnpress/tsushin/ct-10/p-n10-6-11.html&date=20070608193304

posted by はなゆー at 21:00| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついでに言っちゃってイイですか?
年金は、米政府の圧力で米国債買い、或いは円高回避のドル買い等、もう使い込んじゃってんで、何とか払わずに誤魔化したいんですよね?!
もう「上納」されちゃってんでしょ?
Posted by 田仁 at 2007年06月09日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック