2007年06月13日

郵便局のサービス切り捨てにクレームをつける与党支持者たち

郵便局員ブロガー「アッテンボロー」氏の愚痴。

☆郵政民営化、何で今更文句を言うんだ!! (アッテンボローの雑記帳)

http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2007/06/post_e73a.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/484.html

新年度に入ってからのサービス切り捨てについて「郵政民営化とサービス切り捨て」

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/288.html

http://rounin40.cocolog-nifty.com/attenborow/2007/06/post_8681.html

と言う記事を書いたのであるが、最近それら(注:郵便局のサービス切り捨てを指すものと思われる)に対して苦情を言うお客さんが多くて困っている。

一昨年の国会で郵政民営化法案が審議されている過程、あるいは9・11総選挙の過程で散々民営化したら庶民向けのサービス・地方のサービスが低下することを郵政部内は特定局長会から全逓(現JPU)・全郵政まで含めて声を枯らして主張してきた。だが国民の三分一強は小泉自公政権を支持して郵政民営化を選んだ。

(略)

つまり「地方を切り捨てます。庶民のサービスを切り捨てます」と主張していた候補に殆どの住民が投票したのである。自分で自分の首を絞めておいて、今更郵便局はサービスが悪くなったと文句を言うお客が多いのである。正直「自業自得でしょ」と言い返したくなることがしばしばである。今後は自民党議員の後援会の札を貼っている家や創価学会=公明党のお客に対してはハッキリ言った方がよいのかと思う次第である。

★郵便局員の気持ちはわかるが、客に対して「自業自得ですよ」というのは、やはりまずいだろうと思う。ちなみに、与党に投票しておきながら「住民税が上がった」などと文句を言う人も意外と多いように見受けられる。

All About スタイルストア
posted by はなゆー at 09:26| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「自業自得」は流石に拙くても、「自己責任」論や「自作自演ではないか」と婉曲に批判する事は許されるのではないか。
だって、くどいようですが高遠さんや今井君達、誰にもバッシングを謝って貰ってませんよ?
(って、皮肉です。)
Posted by 田仁 at 2007年06月13日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック