2007年06月15日

国民が納めた年金保険料が政治献金の形で自民党に流入していた

☆年金記録 全員に送付すぐ 小池議員 不安解消は政治責任 (赤旗)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-15/2007061501_02_0.html

http://megalodon.jp/?url=http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-15/2007061501_02_0.html&date=20070615120203

小池氏は、「消えた年金」にかかわる社会保険庁のオンラインシステムを受注したNTTデータと日立の関連会社に一九八九年度から二〇〇五年度までに、一兆四千億円も支払われていることを明らかにしました。

(略)

さらに小池氏は、関連会社も含めて両社には厚労省・社保庁から十五人の官僚が天下っていることを明らかにしました。

(略)

小池氏は、両社から自民党への献金は、国民政治協会分だけでも九八年以降で二億二千七百万円にのぼることを示し、「年金利権に企業も官僚も群がり、保険料が政治献金の形で自民党に還流することが許されるのか」とのべました。

★現行の年金制度には「年金利権」が派生する点に要注目。



六花亭 マルセイバターサンド 20個入
posted by はなゆー at 12:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

年金はどこに流入したのか?(『しんぶn赤旗』から)
Excerpt: ■みじかい質問時間しかないだろう共産党が、がんばって追及している。2007年6月15日(金)「しんぶん赤旗」年金記録全員に送付すぐ小池議員 不安解消は政治責任---------------------..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2007-06-15 21:01