2007年06月16日

近い将来「年金市場を外資に開放」することになるとの見方をする人

☆社保庁の一斉攻撃の理由 (にほん民族解放戦線)

http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/6322b9e82b278cba50dd13f64075bb7f

http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/671.html

〔要点抜書き〕

● 郵政の次にアメリカが狙っているものは、日本の医療保険制度です。郵政民営化も背後で圧力を加えていたのは、アメリカの保険業界でした。

● 日本の民間保険市場はほぼアメリカに制圧されているのです。残されたのが官営保険市場で、その一つが120兆円の簡易保険だったわけです。そして、その次に狙われている官営保険が、健康保険、医療保険なのです。

posted by はなゆー at 10:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック