2007年06月21日

今晩の「クローズアップ現代」→沖縄“集団自決”62年目の証言

NHK「クローズアップ現代」

http://www.nhk.or.jp/gendai/

6月21日(木)放送予定

“集団自決”62年目の証言〜沖縄からの報告〜

太平洋戦争で激しい地上戦の舞台となった沖縄。アメリカ軍の上陸後、多くの住民が日本軍から渡された手榴弾などで自決を図った。これまで集団自決は日本軍によって強いられたとされ、教科書にもそう書かれてきた。ところが、この春、高校の日本史の教科書検定で、大きな修正が行われた。集団自決をめぐる記述から「日本軍の強制」に関わる言葉が削除されたのだ。一昨年、起こされた裁判の中で、当時の部隊長が「自分は自決を命令していない」と主張していることなどが、その背景にある。この修正に対して、現地沖縄では、撤回を求める声が相次いでいる。集団自決の実態を掘り起こそうと住民の手で聞き取り調査も始まっている。これまで固く口を閉ざしてきた住民も、ようやく自らの体験を語り始めている。未だ癒えることのない人々の痛み。

集団自決を巡って、何が起きていたのか。沖縄戦から62年となる慰霊の日を迎える沖縄から報告する。

(沖縄平和祈念公園から中継)

ゲスト :大城将保さん(沖縄国際大学講師)



JR東日本特急3ドアCR筆入
posted by はなゆー at 16:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | TVネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡嘉敷島の指揮官の赤松大尉(当時二十五歳)は、島の巡査の安里氏が、部落民をどうするか相談 にいった時に「我々は今のところは、最後まで(闘って)死んでもいいから、あんたたちは非戦闘員だから、最後まで生きて、生きられる限り生きてくれ」と言っています。

また、4人の女性が部隊の本部に行った時には 「何でこんな早まったことするね、皆、避難しなさい」とさとし、 4人はこの言葉で気を取り直し、無事生きのびました。同じように女子青年団長が5、6人の女子団員と一緒に斬り込み隊に出ることをお願いに行った時に、「何のためにあなた方は死ぬのか、命は大事にしなさい」と怒って戻させています。

 戦後、赤松さんは、家族を失った島の住民のために、つまり遺族年金受給のために、捏造された自決命令書に印を押して自ら十字架を背負いました。その後、赤松さんが島の人たちから慰霊祭に招かれた時に、那覇空港で運動家たちに取り囲まれ、「虐殺の責任者、赤松来県反対」の横断幕が張り出され、「赤松帰れ!人殺し帰 れ!」と「何しに来たんだよ!」 と罵倒され続けました。赤松さんは直立不動のままその場に立ち尽くしました。結局、赤松さんは、渡嘉敷島に行けませんでした。

座間味島の指揮官の梅澤少佐(当時二十七歳)は、島の指導者が相談に来て自決用の手榴弾を求めた時に、断わって追い返しています。となりの阿嘉島でも、鈴木茂治整備中隊長のところへ、与那嶺区長(屋号シレー小)が自決用の手榴弾をもらいたと相談にきましたが、鈴木中隊長は「住民が死ぬことはない。死ぬのは自分たちだけでよい」と自決を思いとどまるよう説得して成功しています。その晩、鈴木中尉は米軍に切り込みに行って戦死。

戦後は、マスコミや知識人たちが、赤松さんや梅澤さんを鬼や悪魔のように宣伝してきました。そのため、二人と部下たちや家族はずっと罵倒され続けてきました。しかし、最近になってようやく真実が広まってきました。

Posted by 渡辺龍二 at 2007年07月05日 00:12
沖縄の怒りは深く重く煮え滾っています。
沖縄タイムズ:http://www.okinawatimes.co.jp/day/200701151300_01.htmlが今年1月時点で「座間味村資料により、戦没者援護法の補償は3週間〜3ヶ月前後の短期に認定された事が判明、全国平均の約半分の期間しか要しておらず、『軍命』捏造説には根拠が無い。慶良間諸島は米軍初の日本上陸地で、住民を『準軍属』扱いしたのは厚生省方針」と報じてます。
更に怒りを掻き立てる捏造説の流布を推進し、人権無視を常とする右翼の愚かしさに、同国人としての恥辱を感じます。
しかし、大田実少将の有名な6月6日電文、「沖縄県民斯ク戦ヘリ〜勤労奉仕物資節約ヲ強要セラレ〜県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」との「保守のお気に入り」まで、実は捏造説が汚しちゃっている事に、本当に気付かない程、頭が回らないんでしょうか…?!
Posted by 田仁 at 2007年07月06日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック