2007年06月28日

反アパルトヘイト社会派映画のDVD「輝く夜明けに向かって」

☆新作DVD「輝く夜明けに向かって」 (夕刊フジ)

http://www.yukan-fuji.com/archives/2007/06/post_9818.html

http://www.asyura2.com/07/news5/msg/341.html

80年代の南アフリカを舞台に、反アパルトヘイト活動へ身を投じた実在の男性の半生を描く社会派ドラマ。

(略)

製油所の爆破事件で濡れ衣を着せられたパトリックは、それを機に反体制活動に立ち上がる。テロリストたちと当局の行き詰まる戦いが続き、アパルトヘイト政策は崩壊する…。

《この作品を観た人の感想》

☆「ティム・ロビンス主演 輝く夜明けに向かって」 (アリスの音楽館 2007/2/4)

http://moon.ap.teacup.com/alice2006/133.html 

http://www.asyura2.com/07/news5/msg/342.html

面白いのは、この2人とも、自らの「正義」感に基づいて動いていたことだ。パトリックは捕まるとき、やるべきことはやったと恍惚の笑みを浮かべ、自分の人生はもう終わったと言って、フォスをぎょっとさせる。子どもたちは、自分が正義のために死んだと語り継ぐだろう。おまえの子どもは、どう言うかな・・・。その答えはエピローグで、河辺でひとり、寂しそうに寝そべるフォスの姿に表れている。



posted by はなゆー at 08:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ 書籍やDVDなどの紹介 ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。