2007年06月30日

〔メモ〕日本政府の会計では毎年「207兆円」もの使途不明金が出ている

☆特別会計見直し本格化 (2004年6月22日の 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/47/naruhodo151.htm

http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/47/naruhodo151.htm&date=20070630065854

しかし、実際には、31特会の予算規模はあわせて387兆円、特会同士の重複部分などを除いても207兆円にのぼり、例外のはずの特会が、一般会計の5倍近い規模に膨らんでいる。さらに、特会の収入のうちの47兆円は、一般会計からの繰り入れでまかなわれ、一般会計歳出の6割近くを使っている。

☆毎年207兆円の使途不明金 (ネットゲリラ)

http://my.shadow-city.jp/?eid=466015

で、日本の財政においては、もともと「特別」だったはずの特別会計がどんどん膨らんで、現在では一般会計の5倍にものぼっているそうで。

(略)

まぁ、グリーンピアも特殊法人天下りも、この特別会計のマジックのなせるワザなんだけどね。

★毎年、207兆円の使途不明金が出る国家財政というのは、凄いことは凄いが、どこまで持ちこたえることができるのか?


posted by はなゆー at 07:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック