2007年07月13日

毎日新聞社説「参院選 放送局呼び出し=総務省の強権的姿勢は疑問」

☆参院選 放送局呼び出し=総務省の強権的姿勢は疑問 (毎日新聞・社説)

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070713k0000m070164000c.html

http://megalodon.jp/?url=http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070713k0000m070164000c.html&date=20070713093228

当落報道は、各報道機関が取材をもとに各自の判断で行うのが大前提だ。投票時間締め切り前のような、有権者の投票行動に影響を与えかねない報道はもちろん許されないが、そうでなければ憲法の「表現・報道の自由」で保障されることだ。



ラベル:総務省
posted by はなゆー at 09:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック