2007年07月13日

都内の中小企業の従業員の1割が「過去1年に自殺考えた」 

東京都内の中小企業の従業員の10人に1人が過去1年間に自殺を考えたことがあることが、調査でわかった。

☆中小企業の従業員の1割が、「過去1年に自殺考えた」 (朝日新聞)

http://www.asahi.com/life/update/0713/TKY200707120470.html

http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/life/update/0713/TKY200707120470.html&date=20070713104200

「過去1年以内に、実際に自殺をしようとしたことがあるか」との質問には2.2%が「ある」と答えた。島教授は「これまで勤労者の0.1%前後に自殺企図歴があるとみられており、それに比べるとかなり高い数字だ」という。

抑うつの自己評価尺度を用いた設問で「抑うつ状態」とみられる従業員の割合も25.6%にのぼった。これまでの調査では13〜18%とされており、高い数値といえる。

一方、各事業場の健康管理担当者への調査では、7.3%の事業場で過去1年以内に自殺未遂者が出ていた。

★明日の資金繰りで手一杯の中小零細企業にとっては、従業員のメンタルヘルス対策にまではとても手が回らない。中小零細企業の経営者ができることには限度があることも確かであり、日本政府による施策が必要となるだろう。



お金が貯まる蛇の抜け殻付き高級本皮製風水財布金運白蛇財布 【純白 折り財布】


posted by はなゆー at 11:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。