2007年07月13日

ネットゲリラ「闇の声氏、総連事件を語る」

「その取引とは、」

http://my.shadow-city.jp/?eid=477141

《関連?記事》

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060430#1146379685

● なぜ、拉致事件被害者は原発関係者が多いのか?

● なぜ、原発事故や安倍晋三スキャンダルが起きると、「北朝鮮」報道が洪水状態になるのか?

● なぜ、蓮池兄の活動費は、東京電力から出ているのか? 

――――――――――――――――――――

《2007年1月24日のテレビニュースより》

☆なぜ立命館大生が集中的に狙われた?「拉致」に新事実 (ANNニュース)

http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/102.html

北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者、約460人のうち、出身校が重なっている人が延べ40人いることが明らかになりました。

特定失踪者問題調査会は、失踪者を中学や高校、大学など出身校別に分類したリストを公開しました。リストによると、全失踪者、約460人のうち、中学、高校、大学など出身校が重なるケースが15件、延べ40人います。うち8人は、当時、京都市内にあった立命館大学出身で、ほとんどが経済学部でした。調査会は、失踪者全体の1割近くで出身校が重なっていることは偶然とは言えず、学校関係者や周辺に拉致にかかわった工作員や協力者がいた可能性が高いとみています。

☆特定失踪者、出身校同じケースが15件 (TBSニュース)

http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/103.html

特定失踪者問題調査会に届け出のあるおよそ460人の失踪者のうち、出身校が同じケースが15件、のべ40人にのぼるとの分析結果を発表しました。

調査会によりますと、78年に拉致された拉致被害者の田中実さんと、同じく78年か79年に失踪した特定失踪者の金田竜光さんが同じ小学校と中学校を卒業。

77年に鳥取・米子市で拉致された拉致被害者の松本京子さんと、88年に島根県で失踪した特定失踪者の矢倉富康さんが同じ中学を卒業 。

拉致認定訴訟を起こしている千葉・市川市で73年に失踪した特定失踪者の古川了子さんと、翌74年7月の同じ日に失踪した2人の女性が同じ高校を卒業。

また、1952年に失踪した特定失踪者の男性を始め、70年代から90年代にかけて、5年おきぐらいに立命館大学の経済学部などの卒業生が8人失踪していることもわかりました。

調査会では「もし、出身校の一致が拉致に関係するとすれば、学校関係者の中に工作員ないし協力者がいたことを示すことになる」と分析。

また、同じ大学の卒業生が5年おきくらいに失踪していることについては、「大学生は4年ごとに卒業するので、期間をおけば失踪した痕跡がなくなると考えたのではないか」と話しています。

また、調査会では、新たな失踪者として、99年12月に出張先の広島市内で明け方にホテルをチェックアウトして以降、失踪した酒井勇夫さん(当時29)を公表しました。

posted by はなゆー at 15:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック