2007年07月19日

東京電力社長が凄い発言「今回の原発トラブルは“いい体験”」

東京電力の勝俣恒久社長は、柏崎刈羽原発の一連のトラブルについて「原子力特有の設備は安全で無事だ」と繰り返し強調しながら、「いい体験にしたい」と述べた。

☆トラブル「いい体験」と発言 (新潟日報)

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=1273

http://www.asyura2.com/07/genpatu4/msg/229.html

勝俣社長は「大変ご心配をおかけし、おわび申し上げます」と頭を下げた後、「スクラム(緊急停止)など、安全の基礎はきちんとできた。今度のことを、いい体験に生かしていきたい。安心、安全な原発にしたい」と語った。

★戦時中の大本営発表を連想させる呑気な発言のように感じられる…。



なだ万 夏味涼菓
posted by はなゆー at 19:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

柏崎刈羽原子力発電所、放射性物質を放出
Excerpt: 新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)から放射性物質が放出された。建屋と主排気筒をつなぐ排気ダクトがずれるなど、地震の影響とみられる50件のトラブルが全7基で確認されている。 7号..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2007-07-19 21:07