2007年07月22日

日本政府が方針を一転してIAEAによる柏崎刈羽原発の調査を認めた

☆IAEA現地調査 受け入れへ(NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/2007/07/22/d20070722000120.html

http://megalodon.jp/?url=http://www3.nhk.or.jp/news/2007/07/22/d20070722000120.html&date=20070722210836

これに対して、原子力安全・保安院は、安全性の確保や被害状況の確認は十分に対応できており、技術的な援助は必要ないとしながらも、情報を国際的に共有することは重要だとして、現地での共同調査を受け入れる方針を決めました。

★IAEAの調査を拒否すれば、国際世論の集中砲火を浴びて火ダルマになることはわかりきっていたので、当然の方針転換ではある。



ひこにゃんマグカップ
posted by はなゆー at 21:20| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やだなあ、時期も方法も未定の、情報操作の初歩ですよう。
パットン調査団の時と、如何対応が進化しているか、見もの。
Posted by 田仁 at 2007年07月23日 18:04
誤記訂正します。リットン調査団が正しいですね?色々ゴッチャになってまして、人名は苦手です…。
Posted by 田仁 at 2007年07月24日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック