2007年07月24日

廃止・売却の年金施設、なんと1兆2千億円が焦げ付いて回収不能 

厚生年金と国民年金の保険料計約1兆4000億円を投じて建設されながら、廃止・売却が決まった年金福祉施設の資産価値が約2000億円に過ぎないことがわかった。

☆廃止・売却の年金施設、1兆円が回収不能に (読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070724it01.htm

http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070724it01.htm&date=20070724083950

このうち、約54億円を投じた健康福祉センター「サンピア小松」(石川県)は今年1月の入札で、民間企業が8億円余で落札。約14億円を要した健康保養センター「くにさき望海苑」(大分県)は3月、別の企業が1億6100万円で落札した。

★「これはひどい」のひと言に尽きる。



直江兼続 京竹ストラップ 戦国武将グッズ専門店 「愛 直江兼続」
posted by はなゆー at 08:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック