2007年07月27日

加藤駐米大使が米国議会に送った“脅しの手紙”に米政界が激怒

☆米国を呆れさせた加藤駐米大使の「脅しの手紙」 (日刊ゲンダイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000012-gen-ent

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/557.html

問題の手紙は、加藤良三駐米大使が米下院のペロシ議長ら指導部5人にあてたもの。

「従軍慰安婦問題で日本に謝罪を求める決議案が採択されれば、日本は米国のイラク政策支持を見直す」とし、イラク再建の経済支援打ち切りをにおわす警告文になっている。

米ワシントン・ポスト紙によると、

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/07/17/AR2007071701802.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/557.html

「日本政府はブッシュ政権に下院へ圧力をかけるよう働きかけてきた。それに失敗し、今回の警告となった」という。このやり口が、「米政界の力学を無視している」と笑われているのだ。

ブッシュ大統領はイラク戦争の責任を問われて議会で完全に孤立、影響力を失っている。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、ロバート・ノバク氏は「(ウォーターゲート事件で失脚した)ニクソン大統領よりも孤立している」と言っている。そんなブッシュに何を頼んでも、下院が動くわけがない。

米専門家は「日本政府のやり方は非常に敵意に満ちている。米政府はバカバカしくて反応しないだろう。日本のえげつないやり方を見て、安倍政権の評価はガタ落ちだ」と呆れている。

☆日本“慰安婦決議案”阻止のためにあがくが… (韓国紙「中央日報」)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=89464&servcode=200§code=200

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/558.html

日本と韓国通であるマイケル・グリーン元ホワイトハウス国家安保会議アジア担当補佐官は「日本政府は米行政府を相手に『決議案が破棄されるよう議員たちに圧力をかけてくれ』というロビーが失敗すると、下院リーダーたちに直接攻撃的な内容の手紙を送ったもの」と説明した。

(略)

彼が手紙を送った4日後の先月26日、下院外交委が圧倒的な票差(賛成39、反対2)で決議案を可決し、その直後、ペロシ議長は決議案を支持するという態度を発表したからだ。

下院消息筋は「加藤大使の書簡がかえってペロシ議長を刺激した」とし「30日の決議案表決の際、ペロシ議長が賛成の意思をまた明らかにするとみられ、それが雰囲気に大きな影響を及ぼすだろう」と話した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「ワシントン・ポスト」の元記事「Japan Warns U.S. House Against Resolution on WWII Sex Slaves」

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/07/17/AR2007071701802.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/557.html

の要点訳。

        ↓

● この6月22日付の書簡は、米国のイラク政策に対する数少ない支持国の一つである日本の立場を見直す可能性をほのめかしている。

● 決議案の主提案者であるマイケル・ホンダ下院議員(民主党)は、「この決議案が日米両国の外交・通商関係を傷つけることはない」とし、加藤大使の書簡を「ハッタリ」だと一蹴して、相手にしていない。

● 安倍首相を支持する日本国内の復古勢力は、日本に、戦時中の行動を反省してほしいと望む諸外国の要望を、忌み嫌い、抵抗する思想を持っている。

posted by はなゆー at 11:44| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イイじゃないですか、美しい国の美しい仲違い。
ま、仕返しに「拉致問題なんか知るか!リップ・サービスもしねえ!」と言い返された時の対応が見物。
(只、ソコまで露骨な恥ずかしい言い方じゃなく、もう一寸洗練された外交的口吻とは思いますけど!)
Posted by 田仁 at 2007年07月27日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック