この記事へのコメント
晋遊舎ってのはスッカリこの手を本業にしたようですね。ところでこの表紙「サイゾー」にソックリだなあ。
Posted by やきとり at 2007年07月31日 00:36
でも、所詮「市場」は小っさいでしょう?北京オリンピックはボイコットしか手が無いから。
Posted by 田仁 at 2007年07月31日 14:31
コンビニ・書店でいっとき足の踏み場も無い程氾濫した後、
あっという間に消滅した「謎本」「本当は恐い○×童話」
「□△のトリビア」などに続いて今度は「ヘタレウヨ」本か?
と思いきや、あの手の瞬間的流行ジャンル本のトレンドは
今や既に「大人の塗り絵」「百マス」を経て「インド式計算」
へと移行してると思います。
つうか、こんな安普請本市場で頻出するようになったら、
そのカテゴリはもう黄昏って感じです。
昔「山田邦子が着たらそのファッションブランドは終わり」
なんて言ってたみたいなもんかと(笑)。
Posted by Meifumadoh at 2007年07月31日 22:49
はじめまして。
さしずめネトウヨむけ「サイゾー」ですか。
オークラ出版の「撃論」ムックもそうですが、一般人は誰も買わんでしょうね。恐らく、調子に乗りすぎて部落開放同盟を怒らせ廃刊に至った、「別冊BUBUKA 」の二の舞になりそうな気がします。
Posted by 凡人69号 at 2007年08月03日 20:57
ご存知かとは思いますが、3号で休刊というカストリ雑誌の仲間入りをしましたね。リニューアルして再発行を目指しているようですが、どうなりますやら?
Posted by 凡人69号 at 2007年10月13日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック