2007年08月03日

新潟県技術委員会座長「柏崎刈羽原発被災は“歴史的な実験”かも」 

新潟県の技術委員会座長を務める宮健三・法政大大学院客員教授は柏崎刈羽原発の視察を終えた後の記者会見で、「(中越沖地震は原発にとって)歴史的な実験かもしれない」などと「実験」発言を繰り返した。

☆原発被災は「歴史的な実験」? (新潟日報)

http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=1642

http://megalodon.jp/?url=http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp%3fcateNo%3d1%26newsNo%3d1642&date=20070803131759

http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1234.html

宮座長は「大地震が起きたことは大変なショックだったが、現場を見たら安心した」と述べた後、「(地震は)何というか、代え難い貴重な実験だったんですね。歴史的な実験かもしれない」と強調した。

報道陣が発言の真意をただしたが、随行した県原子力安全対策課の担当者が「時間がない」と言って遮り、会見を打ち切った。



天然利尻昆布(出し昆布)
posted by はなゆー at 13:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック