2007年08月04日

「平成20年記念金貨」発行直後に解散総選挙との見方をする人 

☆「平成20年記念十万円金貨」発行後に総選挙か? (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)

http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/e/e29a190ba6fd0ba5e7f746d4d96d5c8e

http://megalodon.jp/?url=http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/e/e29a190ba6fd0ba5e7f746d4d96d5c8e&date=20070804213109

私の予想では,これは総選挙のための「選挙資金」だと考えられる.つまり,無理矢理に「平成20年度記念十万円金貨」なるものをでっちあげ,天皇制大好きな保守的庶民に買わせるのである.当然,前回の平成記念金貨と同様,この十万円金貨はタンス預金となり,自民党政府は一人あたり十万円の「税金」をかき集める,ということになる.そんなことに気付かない保守的な庶民は十万円を惜し気もなく国家へ献納し,当然総選挙では自民党へ投票するということになる.

つまり,総選挙はこの十万円金貨発行直後に行われるのでは,というのが私の推測である.

★このシナリオ通りに事態が進展する可能性はそう高くはないのではないかとも思われるが、かといって荒唐無稽と一蹴もできない。したがって、いちおう書き留めておきたい。日本で金貨を鋳造した場合、だいたい「タンス預金」になるわけで、そのような国情を利用する巧妙な錬金術というのは、確かにありうる。



恵比寿 純金製 御守小判
posted by はなゆー at 22:22| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども.先ほど少々注をつけて書き直しましたので,また読まれて下さい.

# もっとも,タンス預金は単なるきっかけなんですけどね(笑)
Posted by kaetzchen at 2007年08月04日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック