2007年08月07日

自民党幹事長が日銀総裁に詰め寄る「自民党惨敗は日銀のせいだ」

参院選の自民党敗北は日本銀行のせい――。

自民党の中川幹事長が、日銀の福井俊彦総裁に詰め寄る一幕があった。

☆惨敗は日銀のせい…自民・中川幹事長が“恨み節” (読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070807it15.htm

http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070807it15.htm&date=20070807232940

中川氏は「参院選では、地方で景気回復の実感がないとの声があった」と切り出し、「理由としては、名目成長率がなかなか上昇せず、(政府の成長率)目標が達成できていないことがある」と指摘。その上で、昨年7月のゼロ金利解除など「日本銀行の政策変更に責任があるのではないか」と、福井総裁に矛先を向けた。

(略) 

中川氏は経済成長重視の「上げ潮路線」を掲げ、日銀の金融引き締めには事あるごとに反対し続けてきた。それだけに、参院選の責任を取った辞任を前に、日銀に対し、“恨み節”の一つもぶつけたかった様子だ。

★法律で保障されている「日本銀行の中立性」を自民党幹事長がいわば否定することは前代未聞である。野党は参議院で中川幹事長を証人喚問することが望ましい。

posted by はなゆー at 23:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック