2007年08月14日

〔字幕付き動画ニュース〕「ハマス」を援助して育てたのはイスラエル

動画の視聴には「Real Player」

http://japan.real.com/fpdr/

http://ja.wikipedia.org/wiki/RealPlayer

が必要。

☆ハマスの内幕 イスラエルが育てた戦闘的イスラム主義運動 (2007年5月22日の「デモクラシー・ナウ!」日本語版。なお、IEブラウザ以外では動画が起動しない可能性がある)

http://democracynow.jp/stream/070522-2/

ハマス

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9

の創設にはイスラエルが一役買っていたと、シェハードは説明します。ハマスの源流はムスリム同胞団という、エジプトで生まれた国際的なイスラム主義運動です。この運動を地続きのガザに持ち込んだのがアフメド・ヤシーン師で、70年代からガザを中心に医療や福祉関係の社会活動を行ってきました。

1978年ガザで始まった占領に抵抗する民衆蜂起(インディファーダ)に重要な役割を果たし、ランティシらと共に政治軍事部門を備えたハマスを創設しました。

それまでイスラエルと戦っていたのは、主にアラファト率いるファタハを中心とするPLO(パレスチナ解放戦線)でした。イスラエルは当初、ファタハを弱体化させるための対抗馬として積極的にヤシーンらの運動を支援し、武器も与えたとシェハードは言います。

posted by はなゆー at 08:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック